Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第10章 ハードウェアの有効化

ハードウェアユーティリティーツールが、最近リリースされたハードウェアを正しく識別できるようになりました。

この更新の前は、廃止された ID ファイルにより、コンピューターに接続されている最近リリースされたハードウェアが不明として報告されていました。このバグを修正するために、PCI、USB、およびベンダーデバイス識別ファイルが更新されました。その結果、ハードウェアユーティリティーツールが、最近リリースされたハードウェアを正しく識別できるようになりました。(BZ#1386133)

今後のタブレットをサポートするために 7.4 で導入された新しい Wacom ドライバー

この更新では、最近リリースされたタブレットと今後リリースされるタブレットをサポートするために新しい Wacom ドライバーが導入されましたが、現在のドライバーは以前にリリースされたタブレットを引き続きサポートしています。
注目すべき機能:
  • Wacom 27QHT (touch) がサポートされるようになりました
  • ExpressKey リモート (BZ#1385026)

Wacom カーネルドライバーが ThinkPad X1 Yoga タッチスクリーンをサポート

今回の更新で、ThinkPad X1 Yoga タッチスクリーンのサポートが Wacom カーネルドライバーに追加されました。その結果、このマシンで Red Hat Enterprise Linux 7 を実行している場合にタッチスクリーンを適切に使用できます。(BZ#1388646)

タッチ機能が Wacom Cintiq 27 QHDT タブレットに追加されました。

今回の更新で、Wacom Cintiq 27 QHDT タブレットにタッチ機能のサポートが追加され、これらのマシンで Red Hat Enterprise Linux 7 を実行しているときにタッチスクリーンを適切に使用できるようになりました。(BZ#1391668)

AMDGPUSouthern IslandsSea IslandsVolcanic Islands、および Arctic Islands のチップセットをサポート

Southern IslandsSea IslandsVolcanic Islands、および Arctic Islands のチップセットのサポートが追加されました。AMDGPU グラフィックドライバーは、最新の AMD/ATI Radeon グラフィックカード用のオープンソースグラフィックスドライバーの次世代ファミリーです。これは、Southern IslandsSea IslandsVolcanic Islands、および Arctic Islands のチップセットに基づいています。linux-firmware パッケージが提供するカードに適したファームウェアまたはマイクロコードをインストールする必要があります。(BZ#1385757)

AMD モバイルグラフィックスへのサポートの追加

Polaris アーキテクチャーに基づく AMD モバイルグラフィックスのサポートが追加されました。Polaris アーキテクチャーは、Arctic Islands チップセットに基づいています。linux-firmware が提供するカードに適したファームウェアまたはマイクロコードをインストールする必要があります。(BZ#1339127)

Netronome NFP デバイスがサポートされている

今回の更新で、nfp ドライバーが Linux カーネルに追加されました。その結果、Red Hat Enterprise Linux 7 では、Netronome Network Flow Processor (Netronome NFP 4000/6000 VF) デバイスをサポートするようになりました。(BZ#1377767)

nvme-cli がバージョン 1.3 にリベース

nvme-cli ユーティリティーがバージョン 1.3 に更新され、NVMe (Nonvolatile Memory Express)に対応するようになりました。NVMe へのサポートにより、Remote Direct Memory Access (RDMA) を介してターゲットを検索し、これらのターゲットに接続できます。(BZ#1382119)

キューに入れられたスピンロックは Linux カーネルに実装されています。

この更新により、カーネルでのスピンロックの実装が、AMD64 および Intel64 アーキテクチャーでのチケットスピンロックからキューに入れられたスピンロックに変更されました。キューに入れられたスピンロックは、チケットのスピンロックよりもスケーラビリティーが高くなります。その結果、特に多数の CPU を搭載した Symmetric Multi Processing (SMP) システムで、システムパフォーマンスが向上しました。CPU 数が増えると、パフォーマンスが直線的に向上します。スピンロックの実装におけるこの変更により、Red Hat Enterprise Linux 7 に構築されたカーネルモジュールが、以前のリリースのカーネルで読み込めなくなる可能性があります。7.4 より前のバージョンの Red Hat Enterprise Linux (RHEL) でリリースされたカーネルモジュールは、RHEL 7.4 でリリースされたカーネルで読み込むことができます。(BZ#1241990)

RAPL が Intel Xeon v2 サーバーをサポート

Intel rapl ドライバーが、Intel Xeon v2 サーバーをサポートするように更新されました。(BZ#1379590)

Intel Platform Controller Hub [PCH] デバイスへのさらなる対応

Intel Xeon プロセッサー E3 v6 ファミリー CPU で新しい Intel PCH ハードウェアへのサポートを有効にするように、カーネルが更新されました。(BZ#1391219)

IBM Power および s390x でハードウェアアクセラレーションされた zLib の使用を可能にする genwqe-tools が同梱されています。

genwqe-tools パッケージにより、IBM Power および s390x ハードウェアのユーザーは、zLib の圧縮および解凍プロセスに FPGA ベースの PCIe カードを使用できます。
これらのツールを使用すると、RFC1950、RFC1951、および RFC1952 準拠のハードウェアを使用してパフォーマンスを向上させることができます。(BZ#1275663)

librtas がバージョン 2.0.1 にリベース

libtas パッケージがアップストリームバージョン 2.0.1 にアップグレードされ、以前のバージョンに比べて多くのバグ修正と機能拡張が提供されています。注目すべきは、この更新で提供されたライブラリーの名前を変更します。librtas.so.1librtas.so.2 に変更され、librtasevent.so.1librtasevent.so.2 に変わります。(BZ#1380656)

NFP ドライバー

Network Flow Processor (NFP) ドライバーは、Linux カーネルのバージョン 4.11 からバックポートされています。このドライバーは、高度なイーサネット NIC として機能する Netronome NFP4000 および NFP6000 ベースのカードをサポートします。このドライバーは、SR-IOV の物理機能および仮想機能の両方で機能します。(BZ#1406197)

Nouveau で最新の NVIDIA カードを有効にする

今回の更新には、Pascal プラットフォームに基づくハイエンドの NVIDIA カードが正しく機能するように、有効化コードが含まれます。(BZ#1330457)

Wacom ExpressKey Remote のサポート

Wacom ExpressKey Remote (EKR) が、Red Hat Enterprise Linux 7 でサポートされるようになりました。EKR は、ショートカット、メニュー、およびコマンドにアクセスできる外部デバイスです。(BZ#1346348)

Wacom Cintiq 27 QHD が ExpressKey Remote をサポート

今回の更新で、Wacom Cintiq 27 QHD タブレットが ExpressKey Remote (EKR) をサポートするようになりました。EKR は、ショートカット、メニュー、およびコマンドにアクセスできる外部デバイスです。(BZ#1342990)