Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Linux

第6章 クラスタリング

clufter がバージョン 0.76.0 にリベースされ、完全サポート対象になる

clufter パッケージは、クラスター設定形式を変換し、分析するツールを提供します。これらのパッケージを使用して、古いスタック設定から Pacemaker を活用した新設定への移行を実行することができます。clufter ツールはこれまでテクノロジープレビューとして提供されていましたが、今回の更新により完全にサポートされるようになりました。clufter の機能に関する情報は、clufter(1) の man ページまたは clufter -h コマンドの出力を参照してください。clufter の使用例については、以下の Red Hat ナレッジベースのアーティクルを参照してください: https://access.redhat.com/articles/2810031
clufter パッケージは、アップストリームのバージョン 0.76.0 にアップグレードされ、バグ修正および新機能が数多く追加されています。とくに注目すべき更新は以下の通りです。
  • CMAN および RGManager スタック固有の設定を、ccs2pcs* ファミリーのコマンドで各 Pacemaker 設定 (または pcs コマンドのシーケンス) に変換する際に、clufter ツールは有効な lvm リソースエージェント設定の変換を拒否しなくなりました。
  • ccs2pcs ファミリーのコマンドで CMAN ベースの設定を Pacemaker スタック用の類似した設定に変換する場合、(maximum number of failures before returning a failure to a status check などの) 処理で失われた一部のリソース関連のコンフィギュレーションビットが正常に伝播されます。
  • clufter コマンドの cib2pcs および pcs2pcscmd ファミリーを使用して pcs コマンドを生成する際に、正常な完成された構文がアラートハンドラーの定義に使用されるようになりました。この際、設定変更の単一ステップのプッシュの (デフォルト) 動作が優先されます。
  • pcs コマンドを生成する際に、clufter ツールは、設定全体のプッシュではなく、差分の更新で設定に加えられた変更のみを更新する pcs コマンドを生成する優先機能をサポートするようになりました。同様に、適用可能な場合に clufter ツールは、pcs ツールに対してユーザーパーミッション (ACL) の設定を指示することをサポートします。これをドキュメントスキーマの各種メジャーバージョン間で機能させるため、clufter には pacemaker の内部の仕組みを反映した内部のオンデマンド形式アップグレードの概念が組み込まれるようになりました。同様に、 clufterbundle 機能を設定できるようになりました。
  • clufter コマンドの ccs2pcscmd および pcs2pcscmd ファミリーによって生成されるものと同様のスクリプトのような出力シーケンスで、意図されるシェルインタープリターは最初のコメント行として、また単なる POSIX シェルではなく Bash が使用されていることが予想される場所を明確にするためにオペレーティングシステムによって直接認識されるものとして生成されます。これについては、これまでに一部誤解が生じていた可能性があります。
  • clufter の Bash 補完ファイルは、= 文字で完了するシーケンスでオプションの値を指定する場合に問題なく機能するようになりました。
  • clufter ツールは、出力のより便利な表示を行えるようターミナルでの対話的な使用を正常に検知し、これまで無視されてきた一部のエラー状況についてのより良い診断を行えるようになりました (BZ#1387424, BZ#1381522, BZ#1440876, BZ#1381531, BZ#1381565)。

Pacemaker クラスターにおけるクォーラムデバイスのサポート

Red Hat Enterprise Linux 7.4 より、テクノロジープレビューとして利用されたクォーラムデバイスの完全サポートが提供されます。これにより、クラスターのサードパーティーのアービトレーションデバイスとして機能する別のクォーラムデバイス (QDevice) を設定することが可能となりました。主要な用途は、クラスターが、標準のクォーラムルールによって許容されているよりも多くのノードエラーに耐えられるようにすることです。クォーラムデバイスは、偶数のノードで構成されるクラスターに推奨しており、2 ノード構成のクラスターに強くお勧めします。クォーラムデバイスの設定については、https://access.redhat.com/documentation/en-US/Red_Hat_Enterprise_Linux/7/html/High_Availability_Add-On_Reference/ を参照してください (BZ#1158805)。

Booth クラスターチケットマネージャーのサポート

Red Hat Enterprise Linux 7.4 では、Booth クラスターチケットマネージャーの完全サポートを提供しています。テクノロジープレビューとして利用可能であったこの機能により、複数の高可用性クラスターを、別々のサイトに構成することができます。これらのサイト間では、分散サービスを介して通信を行い、リソース管理を調整します。Booth チケットマネージャーは、指定したリソースが 1 度に実行されるのは、チケットで許可されている 1 つのサイトのみとなるようにする、各チケットの合意に基づいた意思決定プロセスを円滑化します。Booth チケットマネージャーを使用したマルチサイトクラスターの設定に関する情報は、https://access.redhat.com/documentation/en-US/Red_Hat_Enterprise_Linux/7/html/High_Availability_Add-On_Reference/(BZ#1302087) を参照してください。

SBD デーモンと共有ストレージを使用するためのサポートが追加される

Red Hat Enterprise Linux 7.4 は、共有ブロックデバイスと共に SBD (Storage-Based Death) デーモンを使用するためのサポートを提供します。これにより、これまでサポートされてきたウォッチドッグデバイスによるフェンシングに加え、共有ブロックデバイスによるフェンシングが可能になります。fence-agents パッケージは、RHCS 形式のフェンスエージェントによる実際のフェンシングをトリガーし、制御するために必要な fence_sbd フェンスエージェントを提供します。SBD は Pacemaker リモートノードではサポートされません (BZ#1413951)。

CTDB リソースエージェントの完全サポート

Samba デプロイメントを実装するために使用される CTDB リソースエージェントが Red Hat Enterprise Linux でサポートされるようになりました (BZ#1077888)。

High Availability および Resilient Storage Add-On が IBM POWER の Little Endian 版で利用可能になる

Red Hat Enterprise Linux 7.4 では、 IBM POWER Little Endian 版のアーキテクチャー用に High Availability および Resilient Storage Add-On のサポートが追加されています。このサポートは POWER8 サーバー上の PowerVM で実行されるクラスターノードに対してのみ提供されることに注意してください (BZ#1289662, BZ#1426651)。

pcs が暗号化された corosync 通信をセットアップする機能を提供

pcs cluster setup コマンドは、クラスター内の corosync 暗号の設定を制御する新規の --encryption フラグをサポートするようになりました。これにより、ユーザーは完全に信頼されていない環境でも暗号化された corosync 通信でクラスターをセットアップできるようになりました (BZ#1165821)。

リモートおよびゲストノードをサポートし、削除する新規コマンド

Red Hat Enterprise Linux 7.4 は、リモートおよびゲストノードを作成し、削除するための以下のコマンドを新たに提供します。
  • pcs cluster node add-guest
  • pcs cluster node remove-guest
  • pcs cluster node add-remote
  • pcs cluster node remove-remote
これらのコマンドは、非推奨とされてきた pcs cluster remote-node add および pcs cluster remote-node remove コマンドに置き換わります (BZ#1176018, BZ#1386512)。

pcsd バインドアドレスの設定機能

pcsd バインドアドレスを /etc/sysconfig/pcsd ファイルで設定できるようになりました。以前のリリースでは、pcsd はすべてのインターフェースにバインドできましたが、これは一部のユーザーにとっては最適な方法ではありませんでした。デフォルトで、pcsd はすべてのインターフェースにバインドされます (BZ#1373614)。

監視操作を無効にする pcs resource unmanage コマンドの新規オプション

リソースが管理対象外のモードに設定されている場合でも、監視操作はクラスターによって実行されます。これにより、クラスターは、リソースが管理対象外である場合の特定のユーザユースで予期されるエラーなど、ユーザーとの関連性のないエラーを報告する可能性があります。pcs resource unmanage コマンドは、リソースを管理対象外のモードに設定する際に監視操作を無効にする --monitor オプションをサポートするようになりました。さらに、pcs resource manage コマンドは、リソースを管理対象モードに戻す際に監視操作を有効にする --monitor オプションもサポートします (BZ#1303969)。

位置制約を設定する際の pcs コマンドラインの正規表現のサポート

pcs はコマンドラインでの位置制約における正規表現をサポートするようになりました。これらの制約は、リソース名に一致する正規表現に基づいて複数のリソースに適用されます。これにより、以前は複数の制約が必要とされていたのに対して 1 つの制約が使用されるようになるため、クラスター管理が簡単になります (BZ#1362493)。

正規表現またはノード属性およびその値によるフェンシングトポロジーのノード指定

ノード名に適用される正規表現や、ノード属性およびその値によってフェンシングとポロジーのノードを指定できるようになりました。
たとえば、以下のコマンドをノード node1node2、および node3 を設定してフェンスデバイス apc1 および apc2 を使用し、ノード node4node5、および node6 を設定してフェンスデバイス apc3および apc4 を使用します。
pcs stonith level add 1 "regexp%node[1-3]" apc1,apc2
pcs stonith level add 1 "regexp%node[4-6]" apc3,apc4
以下のコマンドは、ノード属性のマッチングを使用して同じ結果を生成します。
pcs node attribute node1 rack=1
pcs node attribute node2 rack=1
pcs node attribute node3 rack=1
pcs node attribute node4 rack=2
pcs node attribute node5 rack=2
pcs node attribute node6 rack=2
pcs stonith level add 1 attrib%rack=1 apc1,apc2
pcs stonith level add 1 attrib%rack=2 apc3,apc4
(BZ#1261116)

リソースエージェント Oracle および OraLsnr についての Oracle 11g のサポート

Red Hat Enterprise Linuz RHEL 7.4 は、Pacemaker と共に使用される Oracle および OraLsnr リソースエージェントの Oracle Database 11g のサポートを提供します (BZ#1336847)。

SBD と共有ストレージを使用するためのサポート

pcs コマンドを使用して SBD (Storage-Based Death) を共有ストレージと共に設定するためのサポートが追加されました (BZ#1413958)。

NodeUtilization リソースエージェントのサポート

Red Hat Enterprise Linux 7.4 は NodeUtilization リソースエージェントをサポートします。NodeUtilization エージェントは利用可能な CPU、ホストメモリーの可用性、およびハイパーバイザーメモリーの可用性のシステムパラメーターを検出し、これらのパラメーターを CIB に追加します。エージェントはクローンリソースとして実行でき、各ノードでこれらのパラメーターを自動的に設定することができます。NodeUtilization リソースエージェントおよびこのエージェントのリソースオプションについての詳細を参照するには、pcs resource describe NodeUtilization コマンドを実行します。Pacemaker の使用および配置ストラテジーについての詳細は、https://access.redhat.com/documentation/en-US/Red_Hat_Enterprise_Linux/7/html/High_Availability_Add-On_Reference/s1-utilization-HAAR.html を参照してください (BZ#1430304)。