Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第64章 システムおよびサブスクリプション管理

rdma-core がインストールされていると、システムのアップグレードにより、Yum が不要な 32 ビットパッケージをインストールする可能性があります。

Red Hat Enterprise Linux 7.4 では、rdma-core.noarch パッケージはrdma-core.i686 および rdma-core. x86_64 により廃止されました。システムのアップグレード中に、Yum は元のパッケージを両方の新しいパッケージに置き換え、必要な依存関係をインストールします。これは、32 ビットパッケージと、その 32 ビット依存パッケージの潜在的な大部分が、必要でない場合でも、デフォルトでインストールされることを意味します。
この問題を回避するには、--exclude=\*.i686 オプションで yum update コマンドを使用するか、アップグレード後に yum remove rdma-core.i686 を使用して 32 ビットパッケージを削除します。(BZ#1458338)