第21章 Red Hat Software Collections

Red Hat Software Collections とは、動的なプログラミング言語、データベースサーバー、関連パッケージなどを提供する Red Hat のコンテンツセットのことで、AMD 64 および Intel 64 アーキテクチャーをベースにした Red Hat Enterprise Linux 6 および Red Hat Enterprise Linux 7 のサポートされているどのリリースに対してもインストールして使用することができます。Red Hat Developer Toolset は、別の Software Collection として含まれています。
Red Hat Developer Toolset は Red Hat Enterprise Linux プラットフォームで作業する開発者向けに設計されており、最新版の GNU Compiler Collection、GNU Debugger、その他の各種開発用ツールやデバッグ用ツール、パフォーマンス監視用ツールなども提供しています。Red Hat Software Collections 2.3 以降のバージョンでは、Eclipse 開発プラットフォームは別個の Software Collection として提供されています。
Red Hat Software Collections で配信される動的言語、データベースサーバーなどのツールは Red Hat Enterprise Linux で提供されるデフォルトのシステムツールに代わるものでも、これらのデフォルトのツールよりも推奨されるツールでもありません。Red Hat Software Collections では、scl ユーティリティーをベースにした別のパッケージメカニズムを使用しており、複数のパッケージセットを並行して提供できます。Red Hat Software Collections を利用すると、Red Hat Enterprise Linux で別のバージョンをオプションで使用できます。scl ユーティリティーを使用すると、いつでも任意のパッケージバージョンを選択して実行することができます。

重要

Red Hat Software Collections のライフサイクルおよびサポート期間は、Red Hat Enterprise Linux に比べて短くなります。詳細は「Red Hat Software Collections 製品ライフサイクル」を参照してください。
Red Hat Software Collections のセットに収納されているコンポーネント、システム要件、既知の問題、使い方、各 Software Collection の詳細などについては Red Hat Software Collections のドキュメント を参照してください。
Red Hat Software Collections の一部となる Red Hat Developer Toolset に収納されているコンポーネント、インストール、使い方、既知の問題など詳細については Red Hat Developer Toolset のドキュメント を参照してください。