Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第33章 サーバーおよびサービス

ReaR が Linux 機能を正しく保持

以前は、バックアップフェーズで、rear は元のシステムに設定された Linux 機能を保持しませんでした。その後、復元したシステムにはこの機能がありませんでした。今回の更新で、ディレクティブ NETFS_RESTORE_CAPABILITIES/usr/share/rear/conf/default.conf 設定ファイルの y オプションに設定されている場合、Linux 機能が正しく保持されるようになりました。(BZ#1343119)

sblim-cmpi-fsvol は、DM でマウントされたファイルシステムを無効として表示しなくなりました

以前は、sblim-cmpi-fsvol Common Information Model (CIM) プロバイダーは、デバイスマッパー (DM) でマウントされたファイルシステム (FS) を正しく識別できませんでした。その結果、CIM_UnixLocalFileSystem クラスインスタンスを列挙すると、sblim-cmpi-fsvol は、すでに無効としてマウントされている一部の FS を示しました。今回の更新で、DM でマウントした FS の mount コマンドの出力を解析するのではなく、dmsetup コマンドの出力を解析するように sblim-cmpi-fsvol が修正されました。これにより、sblim-cmpi-fsvol が、DM でマウントされた FS を正しく表示するようになりました。(BZ#1136116)

Cyrus SASL の SPNEGO が Microsoft Windows と互換性を持つようになる

今回の更新以前は、Cyrus Simple Authentication and Security Layer (SASL) における Simple and Protected GSSAPI Negotiation Mechanism (SPNEGO) の Red Hat Enterprise Linux 実装と、Microsoft Windows の互換性がありませんでした。そのため、cyrus-sasl パッケージを使用する Red Hat Enterprise Linux ツールは、Windows サービスへの接続を試行する際に SPNEGO を使用できませんでした。また、このツールでは、Windows クライアントからの接続を受け入れることもできませんでした。cyrus-sasl パッケージが修正され、Red Hat Enterprise Linux Cyrus SASL バージョンの SPNEGO が、Microsoft Windows の対応するバージョンと互換性を持つようになりました。(BZ#1421663)

MariaDB init スクリプトが失敗した場合にデータが失われなくなる

以前は、MariaDB init スクリプトが失敗すると、ディレクトリー全体で rm -rf が呼び出されていました。その結果、データが失われたり、マウントポイントが削除されたりする可能性がありました。今回の更新で、init スクリプトにいくつかの確認メカニズムが追加されました。これで、スクリプトが失敗した場合、重要なファイル操作の前に生成されたタイムスタンプよりも新しいファイルのみが削除されます。さらに、人間が判読できる状態レポートとエラーメッセージのセットが追加されました。(BZ#1356897)

ypbind がネットワークへのアクセスが保証される前に起動しなくなる

ypbind サービスは、systemd ターゲット network.target の後に起動するように設定されました。ただし、network.target は、ypbind で必要なネットワーク機能を保証しません。その結果、起動プロセス中に開始したときに、ypbind サービスがネットワークにアクセスできないことがありました。ypbind のサービスファイルは、ターゲットの network-online.target の後に ypbind を開始するように変更され、システムの起動時に ypbind がネットワークにアクセスできることが保証されるようになりました。(BZ#1382804)

ypbindが原因で、リモートユーザーのアカウント設定が再起動時にデフォルト設定に戻されなくなりました。

サービスの起動順序が間違っているため、すべての Name Service Switch (NSS)ルックアップ操作が完了する前に ypbind が起動しませんでした。これにより、次のすべての条件を満たすユーザーの再起動時に、ユーザーのアカウント設定ファイルがデフォルト設定に戻りました。
  • Gnome Display Manager の自動ログインの使用
  • NIS 認証の使用
  • NFS にあるホームディレクトリー
ypbind サービスファイルの順序が修正され、ユーザー/グループデータベースを設定する前に ypbind が起動するように修正されました。ユーザーのアカウント設定ファイルが適切に処理されるようになりました。(BZ#1217435)

ネットワーク情報システムのセキュリティー機能が使用されたため yppasswd がクラッシュしなくなる

yppasswd クライアントは、以下の状況を認識しないため、パスワードをチェックする際に誤った文字列を salt として使用しようとしました。
  • NIS サーバーが passwd.adjunct マップを使用するように設定されている。
  • 変数 MERGE_PASSWD=false が NIS サーバーのファイル /var/yp/Makefileに設定されていました。
これにより、yppasswd が次のエラーメッセージで失敗していました: crypt ()failedyppasswd クライアントがこのような状況を認識するように修正され、サーバーで実行している yppasswdd デーモンにチェックを委譲するようになりました。(BZ#1401432)

Evince が PostScript ファイルを再度表示

バグにより、evince ドキュメントビューアーは、Script ファイルの内容を表示できませんでした。パッチが適用され、evince が、再びアプリケーションを表示するようになりました。(BZ#1411725)

db_verify により libdb の空きミューテックスが不足しなくなりました。

以前は、libdb データベースはすべての未使用のミューテックスを正しく解放しませんでした。libdb データベースファイルで db_verify コマンドを複数回実行すると、libdb はミューテックス操作のリソースがすぐに不足していました。そのため、libdb はエラーメッセージで終了しました。
Unable to allocate memory for mutex; resize mutex region
これにより、データベースを一貫性のない状態のままにしていました。このバグが修正され、libdb がミューテックスを正しく解放し、上記の問題は発生しなくなりました。(BZ#1277887)

一部の状況で ghostscript が応答しなくなる

特定の状況では、ghostscript アプリケーションは無限ループに入り、応答しなくなり、CPU 負荷が過剰に発生しました。今回の更新で、前述の問題が発生しないように、基本的なコードが修正されました。(BZ#1424752)

postscript を PDF に変換しても ps2pdf が予期せず終了しなくなる

以前は、Postscript ファイルを PDF に変換すると、ps2pdf ユーティリティーがセグメンテーション違反で予期せず終了していました。このバグが修正され、postscript を PDF に変換しても ps2pdf がクラッシュしなくなりました。(BZ#1390847)

sapconf が、より高い kernel.shmall および kernel.shmmax の値で正しく機能するようになりました。

以前は、kernel.shmall および kernel.shmmax の値がデフォルトで増加し、sapconf ユーティリティーにエラーが表示されていました。そのため、sapconf は以下のエラーメッセージを出して失敗しました。
integer expression expected
今回の更新で、kernel.shmall および kernel.shmmax の高い値を可能にする新しいチェックが追加され、上記の問題は発生しなくなりました。(BZ#1391881)