第46章 仮想化

仮想化のネスト

Red Hat Enterprise Linux 7.2 ではネスト化した仮想化機能をテクノロジープレビューとして提供しています。KVM ゲストをホストとして起動し、これがハイパーバイザーとして動作して、独自のゲストを作成できるようになります。詳しい情報は、Red Hat Enterprise Linux 7 仮想化デプロイメントおよび管理ガイドを参照してください (BZ#1187762)。

KVM ゲスト用の USB 3.0 サポート

KVM ゲスト用の USB 3.0 ホストアダプター (xHCI) エミュレーションは引き続き Red Hat Enterprise Linux 7.3 ではテクノロジープレビューとして提供されます (BZ#1103193)。

Intel ネットワークアダプターの選択において Hyper-V 上のゲストとして SR-IOV がサポートされる

Hyper-V を実行する Red Hat Enterprise Linux ゲスト仮想マシンの今回の更新では、新しい PCI パススルードライバーが追加され、ixgbevf ドライバーでサポートされる Intel ネットワークアダプターに Single-Root I/O Virtualization (SR-IOV) 機能を使用できるようになりました。この機能は、以下の条件が満たされた場合に有効になります。
  • ネットワークインターフェースコントローラー (NIC) の SR-IOV サポートが有効化されている場合
  • 仮想 NIC の SR-IOV サポートが有効化されている場合
  • 仮想スイッチの SR-IOV サポートが有効化されている場合
NIC からの Virtual Function (VF) は、仮想マシンにアタッチされています。
現在この機能は Microsoft Windows Server 2016 Technical Preview 5 でサポートされています (BZ#1348508)。

Hyper-V のゲスト仮想マシンにおいて PCI Express バスで接続されているデバイスに対してドライバーが追加された

今回の更新では、PCI Express で接続されているデバイスが Hyper-V ハイパーバイザーで実行中の Red Hat Enterprise Linux ゲスト仮想マシンにパススルーされる場合に、Root PCI バスを公開するように、新しいドライバーが追加されました。現在この機能は Microsoft Windows Server 2016 Technical Preview 5 でサポートされています (BZ#1302147)。