第45章 ストレージ

LVM RAID レベルテイクオーバーが利用可能

RAID タイプを切り替えできる RAID レベルテイクオーバーをテクノロジープレビューとして使用できるようになりました。RAID レベルテイクオーバーを使用すると、変更するハードウェアの特性を基に必要性に見合う最適な RAID 設定を判断でき、論理ボリュームを非アクティブにしなくても変更を追加することができます。たとえば、striped 論理ボリュームが作成され、追加のデバイスが使用可能であれば、後で RAID4 論理ボリュームに変換できます。
Red Hat Enterprise Linux 7.3 以上のバージョンでは、テクノロジーレビューとして以下の変換を行うことができます。
  • striped <-> RAID4
  • linear <-> RAID1
  • mirror <-> RAID1 (mirror はレガシータイプですがサポートされます) (BZ#1191630)

SCSI 向けのマルチキュー I/O スケジューリング

Red Hat Enterprise Linux 7 には blk-mq として知られるブロックデバイス用の新しいマルチキュー I/O スケジューリングのメカニズムが含まれています。scsi-mq パッケージにより、SCSI (Small Computer System Interface) サブシステムはこの新しいキューイングメカニズムを使用できます。この機能はテクノロジープレビューとして提供され、デフォルトでは有効になっていません。有効にするには、 scsi_mod.use_blk_mq=Y をカーネルコマンドラインに追加します (BZ#1109348)。

libStorageMgmt API の Targetd プラグイン

Red Hat Enterprise Linux 7.1 から、ストレージアレイから独立した API である libStorageMgmt を使ったストレージアレイの管理が完全サポートされました。提供される API は安定性と整合性を備え、開発者は異なるストレージアレイをプログラム的に管理し、ハードウェアアクセラレーション機能を使用できます。また、システム管理者は libStorageMgmt を使用して手動でストレージを設定したり、含まれているコマンドラインインターフェースを使用してストレージ管理タスクを自動化したりできます。
Targetdプラグインは完全サポートされず、引き続きテクノロジープレビューとして提供されます (BZ#1119909)。

DIF/DIX (Data Integrity Field/Data Integrity Extension) のサポート

DIF/DIX は新たに SCSI 標準に追加されました。Red Hat Enterprise Linux 7.3 では「機能」の章に記載されている HBA およびストレージアレイに対して完全サポートされますが、その他の HBA およびストレージアレイに対しては引き続きテクノロジープレビューとなります。
DIF/DIX により DIF (Data Integrity Field) が追加され、一般的に使用される 512 バイトのディスクブロックのサイズが 512 から 520 バイトに増加します。IDF は、書き込みの発生時に HBA (Host Bus Adapter) によって算出されるデータブロックのチェックサム値を保存します。その後、受信時にストレージデバイスがチェックサムを確認し、データとチェックサムの両方を保存します。読み取りが発生すると、チェックサムはストレージデバイスおよび受信する HBA によって検証されます (BZ#1072107)。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。