第42章 カーネル

HMM (heterogeneous memory management) 機能がテクノロジープレビューとして組み込まれる

Red Hat Enterprise Linux 7.3 では、HMM (heterogeneous memory management) 機能をテクノロジープレビューとして提供しています。この機能は、プロセスアドレス空間を独自のメモリー管理ユニット (MMU) にミラーする必要のあるデバイスのヘルパーレイヤーとしてカーネルに追加されています。これにより、CPU 以外のデバイスプロセッサーは統一システムアドレス空間を使用してシステムメモリーを読み取ることができます。この機能を有効にするには、experimental_hmm=enable をカーネルコマンドラインに追加します (BZ#1230959)。

ユーザーの名前空間

この機能によりホストとコンテナーが適切に分離されるため、Linux コンテナーを実行しているサーバーに対する安全性が高まります。コンテナー管理者がホストで管理操作を実行できなくなり、安全性は高まります (BZ#1138782)。

Oce141xx カードの libocrdma RoCE サポート

テクノロジープレビューとして、ocrdma モジュールおよび libocrdma パッケージは Oce141xx ファミリーのすべてのネットワークアダプターでの RoCE (Remote Direct Memory Access over Converged Ethernet) 機能をサポートします (BZ#1334675)。

VFIO ドライバーの No-IOMMU モード

今回の更新により、VFIO (Virtual Function I/O) ドライバーの No-IOMMU モードがテクノロジープレビューとして追加されました。No-IOMMU モードは、I/O メモリー管理ユニット (IOMMU) なしに直接メモリーアクセス (DMA) 対応デバイスへの完全なユーザー空間 I/O (UIO) アクセスを提供します。しかし、このモードはサポートされないだけでなく、IOMMU で提供される I/O 管理機能がないために安全に使用することができません (BZ#1299662)。

criu がバージョン 2.3 にリベース

Red Hat Enterprise Linux 7.2 は criu ツールをテクノロジープレビューとして導入しました。ユーザー空間向けチェックポイント/復元 (CRIU; Checkpoint/Restore in User-space) を実装します。これを使用すると、実行中のアプリケーションをフリーズさせた後にファイルの集合としてこれを保存し、後にフリーズ状態から復元できます。
criu ツールは Protocol Buffers に依存します。これは、構造化データをシリアル化するための、言語とプラットフォームに中立的な拡張性のあるメカニズムです。依存パッケージとなる protobufprotobuf-c パッケージも Red Hat Enterprise Linux 7.2 にテクノロジープレビューとして導入されています。
Red Hat Enterprise Linux 7.3 では criu パッケージがアップストリームのバージョン 2.3 にアップグレードされ、以前のバージョンに対してバグ修正と拡張機能が数多く加えられています。とくに、criu は Red Hat Enterprise Linux for POWER (Little Endian 版) でも利用できるようになりました。
さらに criu は、Red Hat Enterprise Linux 7 runc コンテナーで実行される以下のアプリケーションでも使用できるようになりました。
  • vsftpd
  • apache httpd
  • sendmail
  • postgresql
  • mongodb
  • mariadb
  • mysql
  • tomcat
  • dnsmasq (BZ#1296578)

ibmvnic デバイスドライバーを追加

ibmvnic デバイスドライバーが Red Hat Enterprise Linux 7.3 for IBM POWER アーキテクチャーにテクノロジープレビューとして追加されました。vNIC (Virtual Network Interface Controller) はエンタープライズケイパビリティーを提供し、ネットワーク管理を単純化する新たな PowerVM 仮想ネットワークテクノロジーです。これは SR-IOV NIC と組み合わせると、仮想 NIC レベルで帯域幅の制御に関する Qos (Quality of Service) ケイパビリティーを提供する高パフォーマンスの効率的なテクノロジーとして機能します。vNIC は仮想化オーバーヘッドを大幅に削減するため、待ち時間が短縮し、ネットワークの仮想化に必要な CPU およびメモリーを含むサーバーリソースが少なくなります (BZ#947163)。