第40章 ハードウェアの有効化

LSI Syncro CS HA-DAS アダプター

Red Hat Enterprise Linux 7.1 には、LSI Syncro CS の HA-DAS (high-availability direct-attached storage)アダプターを有効にするため、megaraid_sas ドライバーにコードが含まれていました。megaraid_sas ドライバーはこれまで有効であったアダプターに対して完全サポートされますが、Syncro CS に対してはテクノロジープレビューとして提供されます。このアダプターのサポートは LSI、システムインテグレーター、またはシステムベンダーによって直接提供されます。Red Hat Enterprise Linux 7.2 以上に Syncro CS をデプロイする場合は、Red Hat および LSI へのフィードバックにご協力ください。http://www.lsi.com/products/shared-das/pages/default.aspx にアクセスしてください (BZ#1062759)。

Intel DIMM 管理ツール

テクノロジープレビューとして、Intel Dual Inline Memory Module (DIMM) の管理を有効にするために以下のコンポーネントが追加されました。
  • DIMM を設定するために API が追加された
  • ストレージコマンドライン (CLI) アプリケーションをサポートする libinvm-cli ライブラリー
  • ストレージ CIM (Common Information Model) プロバイダーの使用を可能にする libinvm-cim ライブラリー
  • DIMM 向けの国際化機能を提供する libinvm-i18n ライブラリー
これらにより、ユーザーは基本的な DIMM インベントリー、容量プロビジョニング、健全性監視、およびトラブルシューティングを実行できるようになります (BZ#1270993、BZ#1270998、BZ#1326924、BZ#1326931)。