Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第38章 クラスタリング

pcs が Booth および ticket 制約を使用するマルチサイトクラスターの管理に対応

pcs ツールは、Red Hat Enterprise Linux 7.3 以降のテクノロジープレビューとして、pcs booth コマンドを使用して Booth クラスターチケットマネージャーを使用するマルチサイトクラスターを管理できます。pcs constraint ticket コマンドを使用してマルチサイトクラスターのリソースを管理することで、チケットの制約を設定することもできます。Web UI でチケットの制約を管理することもできます。(BZ#1305049, BZ#1308514)

Pacemaker クラスターにおけるクォーラムデバイスのサポート

Red Hat Enterprise Linux 7.3 以降では、個別のクォーラムデバイス(QDevice)を設定できます。これは、クラスターのサードパーティーの判別デバイスとして機能します。この機能はテクノロジープレビューとして提供されており、その主な使用方法として、クラスターは標準のクォーラムルールで許可されるよりも多くのノード障害を維持できるようにするためです。クォーラムデバイスは、偶数のノードで設定されるクラスターに推奨されます (2 ノード設定のクラスターには強く推奨されます)。クォーラムデバイスの設定方法の詳細は、https://access.redhat.com/documentation/ja-JP/Red_Hat_Enterprise_Linux/7/html/High_Availability_Add-On_Reference/ を参照してください。(BZ#1158805)

clufter のサポート(クラスター設定形式を変換および分析するためのツール)

Red Hat Enterprise Linux 7 ではテクノロジープレビューとして利用できる clufter パッケージは、クラスター設定フォーマットを変換および分析するためのツールを提供します。これは、古いスタック設定から Pacemaker を利用する新しい設定への移行を支援するために使用できます。clufter の機能の詳細は、clufter (1) の man ページまたは clufter -h コマンドの出力を参照してください。(BZ#1212909)

clufter がバージョン 0.59.5 にリベースされました。

テクノロジープレビューとして利用できる clufter パッケージがアップストリームバージョン 0.59.5 にアップグレードされ、以前のバージョンに対するバグ修正、新機能、およびユーザーエクスペリエンスが数多く追加されました。更新内容は、以下のとおりです。
  • 古いクラスタースタック設定を Pacemaker スタックのファイルに変換する場合や、clufter コマンドの ccs2 pcs および ccs2pcs cmd ファミリーの pcs コマンドシーケンスに変換すると、監視アクションが適切に伝播または追加されます。
  • corosync.conf ファイルを使用して Pacemaker スタックの設定ファイルを変換する際に、CMAN ベースの設定を変換する byproduct または、コマンドの *2pcscmd{,-needle} ファミリーなどのファーストクラス入力のいずれかで、クラスター名が正しく伝播されます。以前のバージョンでは、クラスター名が誤ってドロップされ、pcs cluster setup --start --name node1 node2 node3 などのようにクラスター名の最初のクラスターノードの名前が混乱していました。
  • ccs2pcs ファミリーのコマンドで、CMAN ベースの設定を Pacemaker スタックの並列設定に変換すると、スキーマに ID タイプがあるとマークされた属性の値が誤って破損しなくなりました。
  • *2pcscmd ファミリーのコマンドで、CMAN または Pacemaker スタック固有の設定を、pcs コマンドのそれぞれのシーケンスに変換すると、clufter ツールは pcs cluster cib file --config を提案しなくなりました。これは、後続の local-modification pcs コマンドでは現在機能しません。代わりに、pcs cluster cib ファイル を提案します。
  • clufter ツールの出力は、指定したディストリビューションターゲットによって大きく異なる可能性があります。これは、ツールが出力を、pcs バージョンなどの各環境がサポートする環境に合わせて調整するためです。このため、ディストリビューションまたはセットアップはサポートされない可能性があり、clufter ツールが生成する一連の pcs コマンドは、全く異なる環境に移植できるとは限りません。
  • clufter ツールは、クォーラムデバイスを含む pcs ツールの新機能を複数サポートするようになりました。さらに、clufter ツールは、チケットの制約やコロケーションと順序の制約のリソースセットなど、最近 pcs ツールに追加された古い機能をサポートします。(BZ#1343661, BZ#1270740, BZ#1272570, BZ#1272592, BZ#1300014, BZ#1300050, BZ#1328078)

Booth クラスターチケットマネージャーのサポート

Red Hat Enterprise Linux 7.3 は、テクノロジープレビューとして Booth クラスターチケットマネージャーのサポートを提供します。これにより、分散サービスを介して通信する別のサイトに複数の高可用性クラスターを設定し、リソースの管理を調整することができます。Booth チケットマネージャーにより、個々のチケットに関するコンセンサスベースの決定プロセスが容易になり、チケットが付与されたときに指定したリソースが 1 度に 1 つのサイトでのみ実行されるようになります。Booth チケットマネージャーでマルチサイトクラスターを設定する方法については、https://access.redhat.com/documentation/ja-JP/Red_Hat_Enterprise_Linux/7/html/High_Availability_Add-On_Reference/ (BZ#1302087)を参照してください。