Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第18章 システムおよびサブスクリプション管理

デフォルトの登録 URL は subscription.rhsm.redhat.com になりました。

Red Hat Enterprise Linux 7.3 以降、デフォルトの登録 URL が subscription.rhsm.redhat.com に変更されました。(BZ#1396085)

subscription-manager は、ネットワークインターフェイスに関連付けられているすべてのアドレスを表示します

以前は、ネットワークインターフェイスに複数のアドレスが関連付けられていても、subscription-manager ユーティリティーはネットワークインターフェイスごとに 1 つのアドレスのみを表示していました。今回の更新で、各ネットワークインターフェイスに対応する接尾辞 _list を持つ新しいシステムファクトが、コンマ区切りの値の文字列が含まれるエンタイトルメントサーバーに報告されるようになりました。その結果、subscription-manager は、ネットワークインターフェイスに関連付けられたすべてのアドレスを表示できるようになりました。(BZ#874735)

rct でサブスクリプションデータのみを表示可能に

rct ユーティリティーは、--no-content オプションを受け入れるようになりました。--no-contentrct cat-manifest コマンドに渡すと、rct がサブスクリプションデータのみを表示します。(BZ#1336883)

rct cat-manifestvirt-who が必要かどうかを判断するための情報を表示するようになりました。

rct cat-manifest [MANIFEST_ZIP] コマンドの出力に Virt Limit および Requires Virt-who のフィールドが含まれるようになりました。これらのフィールドは、デプロイメントに virt-who コンポーネントが必要であるかどうかを判断するのに役立ちます。(BZ#1336880)

needs-restarting ユーティリティーに新しい --services オプションが追加されました。

今回の更新で、need -restarting ユーティリティーに新しい --services オプションが追加されました。新しいオプションを指定すると、need -restarting はプロセス ID ではなく改行で区切られたサービス名を一覧表示します。これにより、システム管理者は、yum update を実行して更新の恩恵を受けるために再起動する必要のある systemd サービスを探すことができます。(BZ#1335587)

needs-restarting ユーティリティーに新しい --reboothint オプションが追加されました。

今回の更新で、need -restarting ユーティリティーに新しい --reboothint オプションが追加されました。needs-restarting --reboothint を実行すると、前回の起動以降に更新されたコアパッケージ(存在する場合)、再起動が推奨されるかどうかを示すメッセージが出力されます。これにより、システム管理者は、すべての更新を活用するためにシステムを再起動する必要があるかどうかを確認することができます。アドバイスは情報提供のみであり、システムをすぐに再起動する必要があるわけではありません。(BZ#1192946)

yumの新しい skip_missing_names_on_install オプションおよび skip_missing_names_on_update オプション

skip_missing_names_on_install オプションおよび skip_missing_names_on_update オプションが yum リポジトリー設定に追加されました。/etc/yum.conf ファイルで skip_missing_names_on_installFalse に設定すると、 yum install コマンドを使用して、指定したパッケージ、グループ、または RPM ファイルの 1 つが見つからない場合に失敗します。skip_missing_names_on_updateFalse に設定すると、yum update コマンドを使用して、指定したパッケージ、グループ、または RPM ファイルの 1 つを検出できない場合、またはそれらが利用可能な場合はインストールされていない場合、yum update コマンドを使用して失敗します。(BZ#1274211)

yumの新しい compare_providers_priority オプション

今回の更新で、compare_providers_priority オプションが yum リポジトリー設定に追加されました。/etc/yum.conf ファイルに設定すると、このオプションを使用すると、依存関係の解決時に yum がリポジトリーの優先順位を尊重できます。これを使用して、複数の異なるリポジトリーのパッケージで満たできる依存関係が発生した場合に yum が何をするかに影響を与えるために使用できます。(BZ#1186690)