第13章 リアルタイムカーネル

Red Hat Enterprise Linux for Real Time Kernel について

Red Hat Enterprise Linux for Real Time Kernel は、決定要件が非常に高いシステムにおける詳細なチューニングを可能にするものです。標準カーネルをチューニングすることで、結果の一貫性が高まります。リアルタイムカーネルを使用すると、標準カーネルのチューニングで得られる結果の一貫性がさらに向上します。
リアルタイムカーネルは rhel-7-server-rt-rpms リポジトリーから入手可能です。インストール方法は Installation Guide にあり、その他のドキュメンテーションは Product Documentation for Red Hat Enterprise Linux for Real Time にあります。

can-dev モジュールをリアルタイムカーネル向けに有効化

can-dev モジュールがリアルタイムカーネル向けに有効となっており、Controller Area Network (CAN) デバイスドライバー用のデバイスインターフェースを提供しています。CAN は、元々は自動車において、さまざまなマイクロコントローラーを接続することを目的としたビークルバス仕様です。それ以来、他の領域にも拡大されてきました。CAN は、高パフォーマンスのインターフェースが必要とされ、RS-485 などの他のインターフェースでは不十分な工業および機械の制御でも使用されています。
can-dev モジュールからエクスポートされる関数は CAN デバイスドライバーで使用され、カーネルがデバイスを認識し、アプリケーションがデータを接続/転送できるようにします。
リアルタイムカーネルで CAN を有効にすると、サードパーティーの CAN ドライバーやアプリケーションを使用して CAN ベースのシステムを実装できるようになります (BZ#1328607)。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。