第60章 サーバーとサービス

ReaR は 1 つではなく 2 つの ISO イメージを作成

ReaR では、OUTPUT_URL ディレクティブにより レスキューシステムが含まれている ISO イメージの場所を指定することができます。現在、このディレクティブを設定すると、ReaR は、ISO イメージのコピーを 2 つ作成します (指定したディレクトリーに 1 つと /var/lib/rear/output/ のデフォルトディレクトリー 1 つ)。このため、イメージを保管する追加の容量が必要となります。これは、ISO イメージに完全なシステムのバックアップが含まれる場合に特に重要となります (BACKUP=NETFSBACKUP_URL=iso:///backup/ の設定を使用)。
この動作による問題を回避するには、ReaR の作業が終了したら追加の ISO イメージを削除するか、イメージをデフォルトのディレクトリーに作成してから希望の場所に手動で移動することにより一定期間にストレージが 2 倍消費されるのを防ぎます。
この動作を変更して、ReaR が ISO イメージのコピーを 1 つだけ作成するようにするための機能拡張の要望があります (BZ#1320552)。

dovecotfirst_valid_uid のデフォルト値の変更

Red Hat Enterprise Linux 7 では、dovecot 内の first_valid_uid のデフォルト設定が 1000 に変わって、/etc/login.defsUID_MIN として指定されているシステム全体の設定と一致するようになりました。システムで UID_MIN が手動で 500 に変更されて、dovecot のデフォルト値に依存している場合には、dovecotfirst_valid_uid よりも低い ID をユーザーに提供しません。そのため、標準ユーザーの ID が 1000 の場合には、first_valid_uid を更新する必要があります。この作業を完了すると、dovecot が想定どおりに機能するようになります (BZ#1280433)。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。