第56章 インストールと起動

Dell Latitude E6430 ラップトップが予期せずシャットダウンする

Nvidia グラフィックカードが搭載された Dell Latitude E6430 ラップトップの BIOS 設定で Nvidia Optimus が有効化された状態で起動すると、システムが Nvidia GPU を使用しようとした途端すぐにシャットダウンしてしまいます。また、次回の起動時に BIOS では system board thermal trip エラーと間違って表示されます。この問題を回避するには、起動時に nouveau.runpm=0 パラメーターを使用します。ただし nouveau.runpm=0 を使用すると電源の消費量が増加する可能性がある点に注意してください (BZ#1349827)。

/boot パーティションのサイズが十分でないため、システムのアップグレードができない

/boot パーティションにはインストール済みのカーネルや初期 ram ディスクが含まれていますが、複数のカーネルや kernel-debug などのパッケージが追加でインストールされると、満杯になってしまう場合があります。これは、インストール中にこのパーティションのサイズがデフォルトの 500 MB に設定されることが原因で発生し、システムがアップグレードできなくなります。
回避策としては、yum を使用して不要になった古いカーネルを削除します。
この既知の問題は、Red Hat Enterprise Linux 7.2 以前のインストールのみで影響を受けます。Red Hat Enterprise Linux 7.3 では、/boot パーティションのデフォルトサイズが 1 GB に増加しており、今後のアップグレードではこの問題は回避されます (BZ#1270883)。

Anaconda のキックスタートが短すぎるパスワードを受け入れる

キックスタートファイルを使用して Red Hat Enterprise Linux 7 をインストールする際に、パスワードの強度が十分である場合 (デフォルトのクォリティー値は 50 以上)、Anaconda インストーラーは --minlen のキックスタートオプションで定義した最小長よりも短いパスワードを即座に受け入れます (BZ#1383718、BZ#1356975)。

SCAP パスワード長の要件がキックスタートのインストールで無視される

対話式のキックスタートのインストールでは、SCAP ルールで定義したパスワード長のチェックは強制されず、短い root パスワードでも受け入れます。この問題を回避するには、キックスタートファイルの pwpolicy root コマンドで pwpolicy root のオプションを使用してください。

静的 IP アドレスを使用した iSCSI のインストール後にネーム サーバーが /etc/resolv.conf に含まれない

静的 IP アドレスを使用したインターフェースから iSCSI ターゲット上のルートファイルシステムに接続する場合、インストールされたシステムではネームサーバーが設定されません。この問題を回避するには、インストールされたシステムのブートローダー設定に nameserver=<IP> カーネルオプションを追加します (BZ#1363831)。

EAV DASD でのインストール時に Standard Partition レシピにもとづいてパーティションスキームを生成できない

Extended Address Volume (EAV) などの十分に大きい Common Disk Layout (CDL) Direct Access Storage Device (DASD) をインストールする場合に、インストーラーは /、スワップ、および /boot 以外に /home パーティションを作成しようとします。CDL DASD では 3 つのパーティションのみ存在することができるため、エラーが発生します。この問題を回避するには、ディスクレイアウトを手動で作成します。また、複数の論理ボリューム (LV) で構成される LVM を使用することもできますが、/boot は独立した標準パーティションに存在する必要があります (BZ#1370173)。

Anaconda でパスワードなしのユーザーを作成できない

現在は、対話式のインストール中に、Anaconda GUI の このアカウントを使用する場合にパスワードを必要とする オプションのチェックを解除することができず、パスワードなしのユーザーアカウントを作成できません。この問題を回避するには、pwpolicy user の行の --emptyok オプションでキックスタートファイルによるインストールを使用します (BZ#1380277)。

Anaconda キックスタートのインストールが --changesok オプションを認識しない

現在、Red Hat Enterprise Linux 7 のインストール時にキックスタートファイルからの --changesok オプションを使用すると、Anaconda インストーラーが root パスワードを正しく変更できません (BZ#1356966)。

ハードディスクドライブ上の ISO ファイルを Anaconda TUI によりマウントできない

ハードディスクドライブ上の ISO ファイルを Anaconda Terminal User Interface (TUI) によってマウントできません。したがって、ハードディスク上の ISO ファイルをインストールソースとして使用できません。ハードディスク上の ISO ファイルからインストールしようとすると、No mountable devices found エラーが表示されます。
コマンドラインで inst.repo=hd:/dev/<hard disk>:/ parameter を使用することはできますが、インストーラーでネットワーク設定を変更できません。したがって、インストールソースはリセットされ、ISO ファイルに再びアクセスできなくなります (BZ#1369818)。

SSH 経由で IBM z システムにアクセスする場合はグラフィカルインターフェースで初期設定を開くことができない

SSH を使用して IBM z システムマシンに接続している場合に、X 転送機能を有効化していても Red Hat Enterprise Linux 7 のインストール後の初期設定インターフェースがテキストバージョンで開きます。

UEFI と IPv6 を使用して PXE ブートを行うと、オペレーティングシステムの選択メニューの代わりに grub2 シェルが表示される

Pre-Boot Execution Environment (PXE) が UEFI と IPv6 が設定されたクライアントで起動すると、/boot/grub/grub.cfg ファイルで設定された起動メニューが表示されず、次のことが起こります。クライアントが期待される DHCPv6 サブネットから IPv6 アドレスを取得し、PXE サーバーから .../grubx64.efi netboot イメージをダウンロードします。タイムアウト後に、設定されたオペレーティングシステムの選択メニューの代わりに GRUB2 シェルが表示されます (BZ#1154226)。

HTTP キックスタートのソースからインストールする場合に FIPS モードがサポートされない

HTTPS キックスタートのソースでインストールする際に、インストールイメージで FIPS モードがサポートされていないため、現在コマンドラインに fips=1inst.ks=https://<location>/ks.cfg オプションを追加してシステムをインストールすることができません (BZ#1341280)。

Geolocation サービスが有効になっている場合に通常以上にインストール時間が必要

インターネットアクセスなし、またはインターネットアクセスに制限がある状態で、Red Hat Enterprise Linux 7.3 をインストールする場合は、インストーラーは、セキュリティーポリシーのセクションが Not ready と表示され、インストール概要画面で数分止まります。そのため、インストールが次のステップに進むまで余分な時間が追加されてしまいます。
この問題を回避するには、起動コマンドラインに inst.geoloc=0 オプションを追加して geolocation サービスを無効にします (BZ#1380224)。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。