Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第26章 仮想化

ネストされた仮想化

テクノロジープレビューとして、Red Hat Enterprise Linux 7.2 はネストされた仮想化を提供します。この機能により、KVM はハイパーバイザーとして機能し、独自のゲストを作成できるゲストを起動できます。

virt-p2v ツール

Red Hat Enterprise Linux 7.2 は、テクノロジープレビューとして virt-p2v ツールを提供します。virt-p2v (仮想の物理)は、ユーザーが物理マシンで起動できる CD-ROM、ISO、または PXE イメージで、物理マシンと同じディスクコンテンツを持つ KVM 仮想マシンを作成します。

KVM ゲスト用の USB 3.0 サポート

KVM ゲスト用の USB 3.0 ホストアダプター(xHCI)エミュレーションは引き続き Red Hat Enterprise Linux 7.2 ではテクノロジープレビューです。

virtio-1 サポート

VirtIO ドライバーは Kernel 4.1 に更新され、VirtIO 1.0 デバイスサポートが提供されます。

OVMF (Open Virtual Machine Firmware)

Red Hat Enterprise Linux 7 では、OVMF (Open Virtual Machine Firmware) がテクノロジープレビューとして利用できます。OVMF は、AMD64 および Intel 64 ゲストに対する、UEFI のセキュアブート環境です。ただし、OVMF は、RHEL 7 で利用可能な仮想化コンポーネントでは起動できません。OVMF は、RHEL 8 で完全に対応することに注意してください。