第25章 ストレージ

SCSI 向けマルチキュー I/O スケジューリング

Red Hat Enterprise Linux 7.2 には blk-mq として知られるブロックデバイス用の新しいマルチキュー I/O スケジューリングのメカニズムが収納されています。scsi-mq パッケージを使用すると SCSI (Small Computer System Interface) サブシステムにこの新しいキューメカニズムを利用させることができるようになります。テクノロジープレビューのためデフォルトでは有効になっていません。有効にする場合は scsi_mod.use_blk_mq=Y をカーネルコマンドラインに追加します。

LVM のロックインフラストクラチャーの改善

lvmlockd は LVM の次世代ロックインフラストラクチャーです。dlm または sanlock ロックマネージャーのいずれかを使用して複数ホストの共有ストレージを安全に管理できるようになります。sanlock を使用すると lvmlockd でストレージベースのロック機能でホストを調整できるためクラスターインフラストラクチャー全体の調整が必要ありません。詳細については lvmlockd(8) の man ページを参照してください。

libStorageMgmt API の Targetd プラグイン

Red Hat Enterprise Linux 7.1 からはストレージアレイ独自の API、libStorageMgmt を使ったストレージアレイの管理が完全対応になっています。提供される API は安定性と整合性を備え、開発者は別々のストレージアレイをプログラム的に管理しハードウェアの処理速度を高める機能を利用できるようになります。また、収納されているコマンドラインインターフェースを使って libStorageMgmt を手動で使用しストレージの設定を行ったり、ストレージ管理作業を自動化したりすることもできます。
Targetd プラグインは完全対応ではありません。引き続きテクノロジープレビューとしての提供になります。

DIF/DIX

SCSI 標準に DIF/DIX が新たに追加されます。Red Hat Enterprise Linux 7.2 では新機能の章に記載されている HBA およびストレージアレイに対しては完全対応になりますが、それ以外の HBA やストレージアレイについては引き続きテクノロジープレビューになります。
DIF/DIX により一般的に使用されている 512 バイトのディスクブロックのサイズが 512 バイトから DIF (Data Integrity Field) を追加した 520 バイトに増えます。書き込み時に HBA (ホストバスアダプター) で計算されるデータブロックのチェックサム値がこの DIF に格納されます。ストレージデバイスはデータを受け取る時にこのチェックサムを確認してからデータとチェックサムの両方を保存します。読み取り時は逆にストレージデバイスおよび受取側の HBA にチェックサムを検証させることができます。