第22章 ハードウェア

IBM System z 用ランタイム計測

テクノロジープレビューとして Red Hat Enterprise Linux 7.2 on IBM System z 向けにランタイム計測機能のサポートが追加されています。ランタイム計測により IBM zEnterprise EC12 システムで使用可能な複数のユーザースペースアプリケーションの高度な分析や実行が可能になります。

LSI Syncro CS HA-DAS アダプター

Red Hat Enterprise Linux 7.1 では LSI Syncro CS の HA-DAS (high-availability direct-attached storage) アダプターを有効にするため megaraid_sas ドライバーにコードが含まれています。megaraid_sas ドライバーは以前に有効にしたアダプターに対しては完全対応になりますが、Syncro CS にこのドライバーを使用する場合はテクノロジープレビューとして利用することになります。本アダプターのサポートについては LSI、システムインテグレーターまたはシステムのベンダーより直接提供されることになります。Red Hat Enterprise Linux 7.2 に Syncro CS を導入される場合は、Red Hat および LSI にフィードバックをご提供いただくようお願いします。LSI Syncro CS ソリューションの詳細については http://www.lsi.com/products/shared-das/pages/default.aspx を参照してください。