第21章 ファイルシステム

OverlayFS

OverlayFS はユニオンファイルシステムのタイプになります。任意のファイルシステムの上に別のファイルシステムを重ねる (オーバーレイする) ことができます。変更は上部のファイルシステムに記録され、下部のファイルシステムは未変更のままになります。コンテナーの場合や DVD-ROM などベースのイメージが読み取り専用メディアの場合、複数のユーザーで 1 つのファイルシステムイメージを共有することができます。詳細はカーネルファイルの Documentation/filesystems/overlayfs.txt を参照してください。
OverlayFS は Red Hat Enterprise Linux 7.2 では引き続きほとんどの環境でテクノロジープレビューになります。このため、OverlayFS を作動させるとカーネルで警告がログ記録されます。
Docker で次の制約を付けて使用する場合は完全対応として利用していただけます。
* OverlayFS は Docker のグラフドライバーとして使用する場合にのみサポートされます。使用用途はコンテナー COW コンテンツに限られ、永続的な保存に対してはサポートされません。永続的な保存の場合はすべて OverlayFS 以外のサポートされているボリュームに格納してください。使用できるのは、デフォルトの Docker 設定のみです。つまり、重ねるのは 1 レベルのみ (下部のファイルシステムは 1 つ) で上部のレベルと下部のレベルは同じファイルシステム上に配置します。
* 下部ファイルシステムとして使用がサポートされているのは現在 XFS のみです。
* 物理マシンで SELinux を有効にして enforcing モードの設定にしておく必要がありますが、コンテナーの分離を行う場合はコンテナーでは無効にしなければなりません。つまり、/etc/sysconfig/docker には --selinux-enabled を含ませないようにします。OverlayFS の SELinux サポートはアップストリームで作業中であり、今後のリリースでの提供が期待されています。
* OverlayFS カーネル ABI とユーザー空間の動作については安定性に欠けるとみなされているため今後の更新で変更が行われる可能性があります。
* コンテナー内で yum および rpm のユーティリティーが正常に機能するには、yum-plugin-ovl パッケージを使用する必要があります。
OverlayFS は制限付きで POSIX 標準セットを提供しています。OverlayFS で POSIX 標準を導入する場合はまず先にアプリケーションテストを十分に行ってから導入するようにしてください。
オーバーレイとして使用するために -n ftype=1 オプションを有効にして、XFS ファイルシステムを作成する必要がある点に注意してください。システムのインストール時に作成される rootfs およびファイルシステムに対して、Anaconda キックスタートで --mkfsoptions=-n ftype=1 パラメーターを設定します。インストール後に新しいファイルシステムを作成する場合は、# mkfs -t xfs -n ftype=1 /PATH/TO/DEVICE コマンドを実行します。既存のファイルシステムがオーバーレイとして使用可能であるかどうかを判断するには、# xfs_info /PATH/TO/DEVICE | grep ftype コマンドを使用して ftype=1 オプションが有効であるかどうかを確認します。
また、Red Hat Enterprise Linux 7.2 リリースの時点で OverlayFS に関連する既知の問題がいくつかあります。詳細については Documentation/filesystems/overlayfs.txt ファイルの「Non-standard behavior」を参照してください。

柔軟なファイルレイアウトで NFSv4 クライアントに対応

Red Hat Enterprise Linux 7.2 では NFSv4 クライアントでの柔軟なファイルレイアウトに対応します。このテクノロジーにより非破壊的なファイルの移動性やクライアント側のミラーリングなど高度な機能が利用できるようになり、データベース、大規模データ、仮想化などの分野で使いやすさが向上されます。
NFS の柔軟なファイルレイアウトについては https://datatracker.ietf.org/doc/draft-ietf-nfsv4-flex-files/ を参照してください。

Btrfs ファイルシステム

Btrfs (B-Tree) ファイルシステムは Red Hat Enterprise Linux 7.2 ではテクノロジープレビューとしての対応になります。高度な管理機能、安定性、拡張性を提供します。スナップショットを作成することができ、統合化された圧縮デバイス管理が可能になります。

pNFS ブロックレイアウトのサポート

テクノロジープレビューとしてアップストリームコードが Red Hat Enterprise Linux クライアントにバックポートされ、pNFS ブロックレイアウトのサポートが提供されています。