第37章 ネットワーク

Red Hat Enterprise Linux 7.2 カーネルではタイムアウトポリシーが有効になっていない

nfct timeout コマンドは Red Hat Enterprise Linux 7.2 では対応していません。回避方法として /proc/sys/net/netfilter/nf_conntrack_*_timeout_* にあるグローバルのタイムアウト値を使ってタイムアウト値を設定してください。

MD5 ハッシュアルゴリズムを使用した署名の検証は、Red Hat Enterprise Linux 7 で無効になっています。

MD5 で署名された証明書を必要とする Wi-Fi Protected Access (WPA) Enterprise Access Point (AP) に接続することはできません。この問題を回避するには、wpa_supplicant.service ファイルを /usr/lib/systemd/system/ ディレクトリーから /etc/systemd/system/ ディレクトリーにコピーして、そのファイルの Service のセクションに以下の行を追加します。
Environment=OPENSSL_ENABLE_MD5_VERIFY=1
次に root として systemctl daemon-reload コマンドを実行し、サービスファイルを再読み込みします。

重要

MD5 証明書は安全性が非常に低いため、Red Hat では使用を推奨していません 。