Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第7章 ファイルシステム

gfs2-utils がバージョン 3.1.8 にリベース

gfs2-utils パッケージがバージョン 3.1.8 にリベースされ、重要な修正と機能強化が数多く追加されました。
* fsck.gfs2 ユーティリティー、mkfs.gfs2 ユーティリティー、および gfs2_edit ユーティリティーのパフォーマンスが改善されました。
* fsck.gfs2 ユーティリティーは、ジャーナル、jindex、システム inode、および inode の goal 値の確認を改善しました。
* gfs2_jadd ユーティリティーおよび gfs2_grow ユーティリティー は、mkfs.gfs2 へのシンボリックリンクではなく、別々のプログラムになりました。
* テストスイートおよび関連するドキュメントが改善されました。
* パッケージは Perl に依存しなくなりました。

GFS2 で、ユーザーがクォータを超えないようにする

以前は、GFS2 は操作が完了した後にのみクォータ違反をチェックしていました。これにより、ユーザーまたはグループが割り当てられたクォータを超過する可能性がありました。この動作は修正され、GFS2 は操作が割り当てるブロックの数を予測し、割り当てがクォータに違反するかどうかを確認するようになりました。クォータ違反の原因となる操作は許可されず、ユーザーは割り当てられたクォータを超えることはありません。

XFS がバージョン 4.1 にリベース

XFS は、マイナーなバグ修正、リファクタリング、特定の内部メカニズム(ロギング、pcpu アカウンティング、新しい mmap ロックなど)を含むアップストリームバージョン 4.1 にアップグレードされました。アップストリームの変更に加えて、今回の更新で rename ()関数が拡張され、クロスリネーム(rename ()の対称バリアント)とホワイトアウト処理が追加されました。

CIFS のバージョン 3.17 へのリベース

CIFS モジュールがアップストリームバージョン 3.17 にアップグレードされ、Server Message Block (SMB) 2 および 3 のさまざまなマイナーな修正と新機能が提供されます(SMB バージョン 2.0、2.1、3.0、および 3.0.2)。
SMB プロトコル 3.1.1 で Linux カーネル CIFS モジュールを使用することは現在実験的なものであり、Red Hat が提供するカーネルでは機能が利用できないことに注意してください。さらに、SMB バージョン 3.0.2 で導入された機能はオプションとして定義され、現在 Red Hat Enterprise Linux ではサポートされていません。

Changes in NFS in Red Hat Enterprise Linux 7.2

fallocate サポートにより、サーバー上のファイルの事前割り当てが可能になります。fseek ()関数に SEEK_HOLE および SEEK_DATA 拡張を使用すると、ホールまたはデータを迅速かつ効率的に検索できます。Red Hat Enterprise Linux 7.2 では、テクノロジープレビューセクションで説明されている NFSv4 クライアントで柔軟なファイルレイアウトにも対応しています。