第1章 アーキテクチャー

Red Hat Enterprise Linux 7.2 は以下のアーキテクチャーに単体で使用できます。[1]
  • 64 ビット AMD
  • 64 ビット Intel
  • IBM POWER7+ および POWER8 (Big Endian 版) [2]
  • IBM POWER8 (Little Endian 版) [3]
  • IBM System z [4]


[1] Red Hat Enterprise Linux 7.2 は 64 ビットのハードウェアでのインストールにしか対応していないため注意してください。ただし、仮想マシンとしてなら 32 ビットのオペレーティングシステム (Red Hat Enterprise Linux の旧バージョンなど) を実行させることができます。
[2] Red Hat Enterprise Linux 7.2 (Big Endian 版) は現在、Red Hat Enterprise Virtualization for Power の KVM ゲストとして PowerVM でサポートされています。
[3] Red Hat Enterprise Linux 7.2 (Little Endian 版) は現在、Red Hat Enterprise Virtualization for Power の KVM ゲストとして、また PowerVM および PowerNV (ベアメタル) でサポートされています。
[4] Red Hat Enterprise Linux 7.2 が対応するのは IBM zEnterprise 196 ハードウェアまたはそれ以降になります。IBM System z10 メインフレームのシステムには対応しなくなるため Red Hat Enterprise Linux 7.2 は起動しなくなります。