Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第1章 アーキテクチャー

Red Hat Enterprise Linux 7.2 は、以下のアーキテクチャーで 1 つのキットとして利用できます。[1]
  • 64 ビット AMD
  • 64 ビット Intel
  • IBM POWER7+ および POWER8 (ビッグエンディアン) [2]
  • IBM POWER8 (リトルエンディアン) [3]
  • IBM System z [4]


[1] Red Hat Enterprise Linux 7.2 のインストールは、64 ビットハードウェアでのみサポートされます。Red Hat Enterprise Linux 7.2 は、以前のバージョンの Red Hat Enterprise Linux を含む 32 ビットのオペレーティングシステムを仮想マシンとして実行できます。
[2] Red Hat Enterprise Linux 7.2 (ビッグエンディアン)は、現在、Red Hat Enterprise Virtualization for Power および PowerVM の KVM ゲストとしてサポートされています。
[3] Red Hat Enterprise Linux 7.2 (リトルエンディアン)は、現在、PowerVM および PowerNV (ベアメタル)で、Red Hat Enterprise Virtualization for Power の KVM ゲストとしてサポートされています。
[4] Red Hat Enterprise Linux 7.2 は、IBM zEnterprise 196 ハードウェア以降をサポートしていることに注意してください。IBM System z10 アーキテクトシステムはサポートされなくなり、Red Hat Enterprise Linux 7.2 は起動しません。