12.4. 割り当てた PCI デバイスの切り離し

ホストの PCI デバイスがゲストマシンに割り当てられると、ホストはこのデバイスを使用できなくなります。このセクションでは、virsh または virt-manager を使ってデバイスをゲストから切り離す方法を説明します。これによって、ホストがデバイスを使えるようになります。

手順12.6 virsh を使用した PCI デバイスのゲストからの切り離し

  1. デバイスの切り離し

    以下のコマンドを使ってゲストの XML ファイル内から PCI デバイスを削除することで、ゲストから PCI デバイスを切り離します。
    # virsh detach-device name_of_guest file.xml
  2. デバイスのホストへの再アタッチ (オプション)

    デバイスが managed モードの場合は、このステップを飛ばします。デバイスは自動的にホストに戻ります。
    デバイスが managed モードを使用していない場合は、以下のコマンドを使用して PCI デバイスをホストマシンに再アタッチします。
    # virsh nodedev-reattach device
    たとえば、pci_0000_01_00_0 デバイスをホストに再アタッチするには、以下のようにします。
    virsh nodedev-reattach pci_0000_01_00_0
    これでこのデバイスはホストで使用できます。

手順12.7 virt-manager を使用した PCI デバイスのゲストからの切り離し

  1. 仮想ハードウェアの詳細ウィンドウを開く

    virt-manager で、対象のデバイスを含む仮想マシンをダブルクリックします。仮想ハードウェアの詳細表示 ボタンを選択し、仮想ハードウェアのリストを表示させます。
    The Show virtual hardware details button.

    図12.4 仮想ハードウェア詳細ボタン

  2. デバイスの選択および削除

    左側パネルの仮想デバイスリストから切り離す PCI デバイスを選択します。
    The PCI device details and the Remove button.

    図12.5 切り離す PCI デバイスの選択

    削除 ボタンをクリックします。これでデバイスがホストで使用可能になります。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。