10.3. Windows インストール中のドライバーのインストール

ここでは、Windows インストール中に virtio ドライバーをインストールする方法を説明します。
この方法では、Windows ゲスト仮想マシンは virtio ドライバーをデフォルトのストレージデバイスに使用できます。

手順10.3 Windows インストール時の virtio ドライバーのインストール

  1. virtio-win パッケージをインストールします。
    # yum install virtio-win
  2. ゲスト仮想マシンの作成

    重要

    仮想マシンを開始せずに、通常どおりに仮想マシンを作成します。以下のいずれかの手順にしたがいます。
    以下のゲスト作成方法のうち、どれか 一つ を選び、指示にしたがいます。
    1. virsh を使ったゲスト仮想マシンの作成

      この方法では、インストール 前に virtio ドライバーフロッピーディスクを Windows ゲストにアタッチします。
      virsh で XML 定義ファイルから仮想マシンが作成された場合、virsh create コマンドではなく、virsh define コマンドを使用してください。
      1. 仮想マシンを作成します。ただし、仮想マシンを開始しないでください。virsh コマンドを使用して仮想マシンを作成する方法についてさらに詳しくは、『Red Hat Enterprise Linux 仮想化管理ガイド』 を参照してください。
      2. virsh コマンドでドライバーディスクを仮想化フロッピーディスクとして追加します。ゲスト仮想マシンに他の仮想化フロッピーディスクがアタッチされていない場合に、この例を適用することができます。vm_name は仮想マシン名と置き換えることに注意してください。
        # virsh attach-disk vm_name /usr/share/virtio-win/virtio-win.vfd fda --type floppy
        ステップ 3 に進みます。
    2. virt-manager を使用してゲスト仮想マシンを作成し、ディスクの種類を変更する

      1. virt-manager ゲスト作成ウィザードの最後のステップで、インストールの前に設定をカスタマイズする チェックボックスにチェックを入れます。
        Step 5 of 5 of creating a new virtual machine with virt-manager, with a checkbox selected under Storage to customize configuration before install.

        図10.16 virt-manager でのゲスト作成ウィザード

        完了 ボタンをクリックし、続けます。
      2. ハードウェア追加ウィザード

        新しいパネルの左下にある ハードウェアを追加 ボタンをクリックします。
      3. ストレージデバイスの選択

        ハードウェアのタイプ のリストでは、ストレージ がデフォルトで選択されています。
        The Add new virtual hardware wizard with Storage selected in the Hardware type field.

        図10.17 新たなハードウェア追加ウィザード

        管理しているストレージか、他の既存のストレージを選択する ラジオボタンを選択します。参照... をクリックします。
        The Add new virtual hardware wizard with Storage selected in the Hardware type field, and the Select managed or other existing storage radio button selected.

        図10.18 管理しているストレージか、他の既存のストレージを選択する

        新しいウィンドウが開くので、ローカルを参照 をクリックします。/usr/share/virtio-win/virtio-win.vfd を選択し、開く をクリックして確定します。
        デバイスの種類Floppy disk に変更し、完了 をクリックして続けます。
        The Device type field, set to Floppy Disk.

        図10.19 デバイスの種類の変更

      4. 設定の確認

        デバイス設定を確認します。
        The virtual machine hardware information window with the target device (Floppy 1) selected.

        図10.20 仮想マシンのハードウェア情報ウィンドウ

        これで、仮想マシンがアクセス可能なリムーバブルデバイスが作成されました。
      5. ハードディスクの種類の変更

        ハードディスクの種類を IDE Disk から Virtio Disk に変更するには、まず既存のハードディスクである Disk 1 を削除する必要があります。ディスクを選択し、削除 ボタンをクリックします。
        The virtual machine hardware information window with virtual disk Disk 1 selected, with the Remove button available at the bottom right corner of the window.

        図10.21 仮想マシンのハードウェア情報ウィンドウ

        ハードウェアを追加 をクリックして、新たな仮想ストレージデバイスを追加します。次に、デバイスの種類IDE disk から Virtio Disk に変更します。完了 をクリックして確定します。
        The virtual machine hardware information window with the Floppy 1 target device selected, and the Add Hardware on the left bottom corner of the window.

        図10.22 仮想マシンのハードウェア情報ウィンドウ

      6. 設定が正しいことの確認

        VirtIO Disk 1 の設定を確認します。
        The virtual machine hardware information window with the Overview option selected, showing Basic Details, Hypervisor Details, plus expandable headings Machine Setting and Security, in the right part of the window.

        図10.23 仮想マシンのハードウェア情報ウィンドウ

        設定詳細が正しければ、インストールの開始 ボタンをクリックします。
        ステップ 3 に進みます。
    3. virt-install を使ったゲスト仮想マシンの作成

      virt-install コマンドでインストールにドライバーディスクを追加するには、以下のパラメーターをそのまま追加します。
      --disk path=/usr/share/virtio-win/virtio-win.vfd,device=floppy

      重要

      追加したいデバイスが disk の場合 (つまり、floppycdrom でない場合)、--disk パラメーターの最後に bus=virtio オプションを加える必要もあるので、以下のようになります。
      --disk path=/usr/share/virtio-win/virtio-win.vfd,device=disk,bus=virtio
      インストールする Windows のバージョンによって、virt-install コマンドに以下のオプションのいずれかを追加します。
      --os-variant winxp
      --os-variant win2k3
      --os-variant win7
      ステップ 3 に進みます。
  3. ドライバーインストールの追加ステップ

    インストール中に、Windows ゲストの種類によってはドライバーをインストールする追加ステップが必要になります。
    1. Windows Server 2003 および Windows XP

      サードパーティードライバーの場合、インストールのブルースクリーンで F6 を繰り返し押します。
      The Windows pre-installation blue screen reads Window Setup at the top in plain text, and "Press F6 if you need to install a third party SCSI or RAID driver..." at the bottom.

      図10.24 Windows セットアップ画面

      新たなデバイスドライバーをインストールするには、S を押します。
      The next Windows pre-installation blue screen reads Window Setup at the top in plain text and details the option to install an additional device. Options at the bottom of the screen include S to "Specify Additional Device", ENTER to continue, or F3 to exit.

      図10.25 Windows セットアップ画面

      The next Windows blue screen reads Window Setup at the top in plain text and provides options to select the SCSI Adapter to be installed. Options at the bottom of the screen include ENTER to select, or F3 to exit.

      図10.26 Windows セットアップ画面

      Enter を押して、インストールを続行します。
    2. Windows Server 2008

      Windows Server 2003 と同じ手順ですが、インストーラーがドライバーを表示した時には、Load Driver をクリックし、インストーラーを Drive A: に向けて、ご使用のゲストオペレーティングシステムとアーキテクチャーに適切なドライバーを選択します。