第2章 システム要件

この章では、Red Hat Enterprise Linux 6 上の VM と呼ばれる仮想マシンを正常に実行するためのシステム要件を示しています。仮想化は、Intel 64 および AMD64 アーキテクチャー上の Red Hat Enterprise Linux 6 で利用可能です。
KVM ハイパーバイザーは、Red Hat Enterprise Linux 6 で提供されています。
仮想化パッケージのインストールに関する詳細は、5章仮想化パッケージのインストール を参照してください。

最小システム要件

  • 6 GB の空きディスク領域
  • 2 GB の RAM

推奨されるシステム要件

  • ゲスト仮想マシン内の最大数の仮想化 CPU に 1 つのプロセッサーコアまたはハイパースレッド、およびホストに 1 つのプロセッサーコアまたはハイパースレッド
  • 2 GB の RAM と仮想マシン用に別の RAM
  • ホスト用に 6 GB のディスク領域、および各仮想マシン用に必要なディスク領域
    ほとんどのゲストオペレーティングシステムは少なくとも 6GB のディスク領域を必要としますが、各ゲストに必要な追加のストレージ領域はイメージフォーマットによって異なります。
    raw イメージを使用するゲスト仮想マシンでは、ゲストが必要とする領域の合計 (total for raw format) は、ゲストの raw イメージファイル (images) で必要となる領域、ホストオペレーティングシステム (host) に必要な 6GB の領域、ゲストが必要とする swap 領域 (swap) の合計と同等もしくはそれ以上となります。

    式2.1 raw イメージを使用するゲスト仮想マシンで必要な領域の計算

    total for raw format = images + host + swap
    qcow イメージの場合、qcow および qcow2 イメージは必要に応じて拡大することから、ゲストの予測される最大ストレージ要件 (total for qcow format) も計算する必要があります。この拡大を可能にするには、まずゲストの予測される最大ストレージ要件 (expected maximum guest storage) を 1.01 倍にし、これにホスト (host) が必要とする領域と必要な swap 領域 (swap) を加えます。

    式2.2 qcow イメージを使用するゲスト仮想マシンで必要な領域の計算

    total for qcow format = (expected maximum guest storage * 1.01) + host + swap
ゲスト仮想マシン要件は、『Red Hat Enterprise Linux 6 仮想化管理ガイド』の第 6 章 「KVM でオーバーコミットを行う」で詳しく説明されています。
swap 領域の計算

swap 領域を使用することで、利用可能な物理メモリー以外の新たなメモリーを提供することが可能になります。メモリーのパフォーマンス速度を上げるために使用率の低いメモリーをハードドライブにスワップする際に使用するのが swap パーティションです。swap パーティションのデフォルトのサイズはホストの物理 RAM から計算します。

Red Hat ナレッジベースには、swap パーティションの適切なサイズを安全かつ効率的に確定する方法について記載した記事が掲載されています: https://access.redhat.com/site/solutions/15244
KVM 要件

KVM ハイパーバイザーには、以下が必要です。

  • x86 ベースシステム向けの Intel VT-x および Intel 64 拡張機能を備えた Intel プロセッサー
  • AMD-V および AMD64 拡張機能を備えた AMD プロセッサー
ご使用のプロセッサーが仮想化拡張機能を備えているかどうかを判別するには、『Red Hat Enterprise Linux 6 仮想化管理ガイド』 を参照してください。
ストレージ対応

ゲスト仮想マシンのストレージ方法は、以下の通りです。

  • ローカルストレージ上のファイル
  • 物理ディスクパーティション
  • ローカル接続の物理 LUN
  • LVM パーティション
  • NFS 共有ファイルシステム
  • iSCSI
  • クラスター化した GFS2 ファイルシステム
  • ファイバーチャネルベースの LUN
  • イーサネット経由のファイバーチャネル (FCoE)