第10章 KVM 準仮想化 (virtio) ドライバー

準仮想化ドライバーはゲストのパフォーマンスを強化し、I/O 待ち時間を短縮すると共に、スループットをベアメタルレベル近くにまで高めます。I/O 負荷の高いタスクとアプリケーションを実行する完全仮想マシンには、準仮想化ドライバーの使用が推奨されます。
virtio ドライバーは、KVM ホスト上で実行中の Windows ゲスト仮想マシンで利用できる KVM の準仮想化デバイスドライバーです。これらのドライバーは、virtio パッケージに含まれています。virtio パッケージは、ブロック (ストレージ) デバイスとネットワークインターフェースコントローラーに対応しています。
KVM virtio ドライバーは、以下のバージョンに自動的にロードされ、インストールされます。
  • Red Hat Enterprise Linux 4.8 およびそれ以降
  • Red Hat Enterprise Linux 5.3 およびそれ以降
  • Red Hat Enterprise Linux 6 およびそれ以降
  • Red Hat Enterprise Linux 7 およびそれ以降
  • 2.6.27 カーネルおよびそれ以降のバージョンをベースとしたいくつかの Linux バージョン
上記リストの Red Hat Enterprise Linux バージョンは、ドライバーを検知してインストールするので、追加のインストールステップは必要ありません。
Red Hat Enterprise Linux 3 (3.9 およびそれ以降) では、手動のインストールが必要になります。

注記

PCI デバイスは、仮想化システムアーキテクチャーによって制限されます。指定デバイスの使用時における新たな制限については、「KVM の制限」 を参照してください。
KVM virtio ドライバーを使用すると、以下の Microsoft Windows バージョンがベアメタルベースのシステムと同様の動作をすることが予想されます。
  • Windows XP Service Pack 3 およびそれ以降 (32 ビットのみ)
  • Windows Server 2003 (32 ビットおよび 64 ビット)
  • Windows Server 2008 (32 ビットおよび 64 ビット)
  • Windows Server 2008 R2 (64 ビットのみ)
  • Windows 7 (32 ビットおよび 64 ビット)
  • Windows Server 2012 (64 ビットのみ)
  • Windows Server 2012 R2 (64 ビットのみ)
  • Windows 8 (32 ビットおよび 64 ビットバージョン)
  • Windows 8.1 (32 ビットおよび 64 ビットバージョン)

10.1. KVM Windows virtio ドライバーのインストール

このセクションでは、KVM Windows virtio ドライバーのインストールプロセスを説明します。KVM virtio ドライバーは、Windows のインストール時にロードしたり、ゲストのインストール後にインストールしたりすることができます。
virtio ドライバーは、以下のいずれかの方法でゲスト仮想マシンにインストールできます。
  • 仮想マシンにアクセス可能なネットワーク上にインストールファイルをホスト
  • ドライバーインストールディスクの .iso ファイルの仮想化 CD-ROM デバイスを使用
  • CD-ROM に使用するのと同じ (指定) .ISO ファイルをマウントして USB ドライブを使用
  • 起動時に仮想化フロッピーデバイスを使用してドライバーをインストール (XP/2003 にのみ必須および推奨)
このガイドでは、仮想化 CD-ROM デバイスとしての準仮想化インストーラーディスクからのインストールについて説明します。
  1. ドライバーのダウンロード

    virtio-win パッケージには、サポート対象のすべての Windows ゲスト仮想マシン用の virtio ブロックおよびネットワークドライバーが含まれます。
    virtio-win パッケージをダウンロードし、ホスト上に yum コマンドでインストールします。
     # yum install virtio-win
    Windows オペレーティングシステム上でサポートされる virtio-win パッケージのリストと現行の認証済みパッケージバージョンは、windowsservercatalog.com で確認できます。
    Red Hat Enterprise Virtualization Hypervisor と Red Hat Enterprise Linux は、同じコードベース上で作成されるので、同じバージョンのドライバー (たとえば、Red Hat Enterprise Virtualization Hypervisor 3.3 と Red Hat Enterprise Linux 6.5) は両方の環境でサポートされます。
    virtio-win パッケージは、/usr/share/virtio-win/ ディレクトリーに CD-ROM イメージである virtio-win.iso をインストールします。
  2. virtio ドライバーのインストール

    virtio-win デバイスを使用する Windows ゲストを起動する場合、関連する virtio-win デバイスドライバーをこのゲストにインストールしておく必要があります。virtio-win ドライバーは Microsoft Windows インストールキットのインボックスドライバーとして提供されていないため、virtio-win ストレージデバイス (viostor/virtio-scsi) に Windows ゲストをインストールするには、インストール に、virtio-win.iso から直接か、または提供される仮想フロッピーイメージ virtio-win<version>.vfd のいずれかにより適切なドライバーを指定する必要があります。