第1章 はじめに

1.1. このガイドについて

このガイドは、Red Hat Enterprise Linux 仮想化ホスト上における仮想化ソフトウェアのインストールおよびゲストマシンの設定に関する情報を提供します。
このガイドの初めの部分では、Red Hat Enterprise Linux ホストマシンによる仮想化のデプロイを可能とするための前提条件を説明します。システム要件や互換ハードウェア、サポート、製品の制限が詳細に説明されています。 
必須およびオプション仮想化パッケージを含む基本的なホスト設定は、5章仮想化パッケージのインストール で説明されています。
ゲスト仮想マシンのインストールは、6章ゲスト仮想マシンのインストール概要 以降で詳しく説明されており、完全仮想化の Red Hat Enterprise Linux ゲストおよび virt-manager と virsh を使用した Windows 準仮想化ゲストのインストール手順が示されています。
ネットワーキングや PCI デバイス設定、SR-IOV、KVM ゲストのタイミング管理、libvirt および SR-IOV のトラブルシューティングのヘルプに関する詳細情報は、このガイドの後半にあります。

注記

本書では、仮想化ホスト設定およびゲストインストールについての手引きを提供しています。システム設定のより詳細な情報については、『Red Hat Enterprise Linux 仮想化管理ガイド』 を参照してください。