第5章 仮想化パッケージのインストール

仮想化を使用する前に、コンピューターに仮想化パッケージをインストールする必要があります。仮想化パッケージは、Subscription Manager を使用してホストのインストール時またはインストール後にインストールすることができます。
KVM ハイパーバイザーは、kvm カーネルモジュールを使うデフォルトの Red Hat Enterprise Linux カーネルを使用します。

5.1. 仮想化ホストのインストールの設定

このセクションでは、新たに Red Hat Enterprise Linux をインストールする際の一部として、仮想化ツールおよび仮想化パッケージのインストールについて説明します。

注記

https://access.redhat.com/site/documentation/Red_Hat_Enterprise_Linux/ からご利用いただける 『Red Hat Enterprise Linux インストールガイド』 は、Red Hat Enterprise Linux のインストールについて詳細に説明しています。

手順5.1 仮想化パッケージグループのインストール

  1. Red Hat Enterprise Linux 6 インストールプログラムを起動します。

    Red Hat Enterprise Linux のインストール CD-ROM または DVD、または PXE から対話形式の Red Hat Enterprise Linux 6 インストールを開始します。
  2. パッケージの選択までインストールを進めます。

    パッケージ選択のステップまで完了します。
    The The Red Hat Enterprise Linux package selection screen showing options to select a different set of software from regular installation. Virtualization Host is selected in the upper menu, and Red Hat Enterprise Linux is selected from the list of additional repositories. Customize now is selected at the bottom of the window, with Back and Next buttons shown at the bottom right corner of the window.

    図5.1 Red Hat Enterprise Linux パッケージ選択の画面

    サーバーの役割に 仮想化ホスト を選択し、ゲスト仮想マシン用のプラットフォームをインストールします。または、次に進む前に 今すぐカスタマイズ のラジオボタンが選択されていることを確認して、個別のパッケージを指定します。
  3. 仮想化 パッケージグループを選択します。

    ここではインストールに qemu-kvm エミュレーター、virt-managerlibvirtvirt-viewer を選択します。
    The Red Hat Enterprise Linux package selection screen with Virtualization selected in the left menu.

    図5.2 Red Hat Enterprise Linux パッケージ選択の画面

    注記

    後でグラフィカルユーザーインターフェース (virt-manager) 内に仮想マシンを作成したい場合は、General Purpose Desktop パッケージグループも選択することをお勧めします。
  4. パッケージのカスタマイズ (必要な場合)

    他の仮想化パッケージが必要な場合は、仮想化 グループをカスタマイズします。
    The Red Hat Enterprise Linux package selection screen with a pop-up Packages in Virtualization window showing the packages available to be installed.

    図5.3 Red Hat Enterprise Linux パッケージ選択の画面

    閉じる ボタンをクリックし、次に ボタンをクリックしてインストールを続けます。
インストールが完了したら、システムを再起動します。

重要

仮想化パッケージの更新を受信するには、有効な仮想化エンタイトルメントが必要です。
キックスタートファイルによる KVM パッケージのインストール

キックスタートファイルを使用すると、ユーザーが手作業で個別のホストシステムをインストールすることなく、自動で大規模インストールが可能になります。このセクションでは、キックスタートファイルを作成し、これを使用して、仮想化パッケージで Red Hat Enterprise Linux をインストールする方法を説明します。

キックスタートファイルの %packages セクションでは、以下のパッケージグループを追加します。
@virtualization
@virtualization-client
@virtualization-platform
@virtualization-tools
キックスタートファイルについてさらに詳しくは、https://access.redhat.com/site/documentation/Red_Hat_Enterprise_Linux/ からご利用いただける 『Red Hat Enterprise Linux インストールガイド』 を参照してください。