6.3. virt-manager を使用したゲスト作成

仮想マシンマネージャーとしても知られる virt-manager は、ゲスト仮想マシンを作成、管理するグラフィカルツールです。

手順6.1 virt-manager を使ったゲスト仮想マシンの作成

  1. virt-manager を開く

    virt-manager を開始します。アプリケーション メニューを開き、システムツール サブメニューから仮想マシンマネージャー アプリケーションを起動します。または、root で virt-manager コマンドを実行します。
  2. オプション: リモートハイパーバイザーを開く

    ハイパーバイザーを選択し、接続 ボタンを押してリモートハイパーバイザーに接続します。
  3. 新規の仮想マシンを作成

    virt-manager ウィンドウで新規の仮想マシンを作成できます。新しい仮想マシンの作成 ボタン (図6.1「仮想マシンマネージャーのウィンドウ」) をクリックして 新しい仮想マシン ウィザードを開きます。
    仮想マシンマネージャーのウィンドウ

    図6.1 仮想マシンマネージャーのウィンドウ

    新しい仮想マシン ウィザードでは、仮想マシン作成が 5つ のステップで行われます。
    1. ゲスト仮想マシンの名前の入力とインストール方法の選択
    2. インストールメディアの場所の選択と設定
    3. メモリーと CPU オプションの設定
    4. 仮想マシンのストレージの設定
    5. ネットワーク、アーキテクチャー、他のハードウェアの設定
    次に進む前に、virt-manager がインストールメディアにアクセスできることを確認してください (ローカルまたはネットワーク経由) 。
  4. 名前とインストール方法の特定

    最初にゲスト仮想マシンに名前を付け、インストール方法を選択します。仮想マシンの名前にはアンダースコア (_) 、ピリオド (.) 、ハイフン (-) を使用することができます。
    仮想マシンに名前を付けてインストール方法を選択

    図6.2 仮想マシンに名前を付けてインストール方法を選択

    仮想マシンの名前を入力し、インストール方法を選択します。
    ローカルのインストールメディア (ISO イメージまたは CD-ROM ドライブ)
    この方法では、CD-ROM か DVD 、インストールディスクのイメージを使用します (例、.iso)。
    ネットワークインストール (HTTP, FTP, または NFS)
    この方法では、ミラー化された Red Hat Enterprise Linux または Fedora インストールツリーを使ってゲストをインストールします。インストールツリーには、HTTP または FTP、または NFS のいずれかでアクセスできる必要があります。
    ネットワークブート (PXE)
    この方法では、Preboot eXecution Environment (PXE) サーバーを使用してゲスト仮想マシンをインストールします。PXE サーバーの設定は、『導入ガイド』で説明されています。ネットワークブートでインストールするには、ゲストがルーティング可能な IP アドレスまたは共有ネットワークデバイスを備えている必要があります。PXE インストールのネットワーク設定要件に付いての情報は、「PXE を使用したゲスト仮想マシンのインストール」 を参照してください。
    既存のディスクイメージをインポート
    この方法では、新しいゲスト仮想マシンを作成し、そこにディスクイメージ (インストール済みの起動可能なオペレーティングシステムを含む) をインポートできます。
    進む をクリックし、続けます。
  5. インストール設定

    次に、インストールする OS の種類バージョン を選びます。仮想マシンに適した OS の種類を選択することを確認してください。インストール方法によっては、インストールの URL または既存のストレージパスを指定します。
    リモートインストールの URL

    図6.3 リモートインストールの URL

    ローカル ISO イメージのインストール

    図6.4 ローカル ISO イメージのインストール

  6. CPU およびメモリーの設定

    次に、仮想マシンに割り当てる CPU の数とメモリー量を設定します。ウィザードでは、割り当て可能な CPU の数とメモリー量が表示されます。これらを設定して、進む をクリックします。
    CPU およびメモリーの設定

    図6.5 CPU およびメモリーの設定

  7. ストレージの設定

    ゲスト仮想マシンにストレージを割り当てます。
    仮想マシンのストレージの設定

    図6.6 仮想マシンのストレージの設定

    最初のステップで既存のディスクイメージのインポートを選択した場合は、virt-manager はこのステップを飛ばします。
    仮想マシンと必要なアプリケーションに十分な領域を割り当て、進む をクリックして次に進みます。
  8. 最終設定

    仮想マシンの設定を確認し、問題がなければ完了 をクリックします。デフォルトのネットワーク設定、仮想化の種類、アーキテクチャーで仮想マシンが作成されます。
    設定の確認

    図6.7 設定の確認

    仮想マシンのハードウェアをさらに設定したい場合は、完了 をクリックする前に インストールの前に設定をカスタマイズする ボックスにチェックを入れます。新たなウィザードが開き、仮想マシンのハードウェア設定で追加や削除、設定が可能になります。
    仮想マシンのハードウェアを設定した後に 適用 をクリックします。virt-manager が指定されたハードウェア設定で仮想マシンを作成します。