第8章 他のプラットフォーム上での Red Hat Enterprise Linux の仮想化

この章では、他の仮想化ホスト上で Red Hat Enterprise Linux 6 を仮想化オペレーティングシステムとして実行する際に便利な参考資料について記載しています。

8.1. VMware ESX

Red Hat Enterprise Linux 6.0 以降では、vmw_balloon ドライバーを提供しています。これは、VMWare ホスト上で Red Hat Enterprise Linux を実行する際に使用される準仮想化メモリーバルーニングドライバーです。このドライバーについてさらに詳しくは、http://kb.VMware.com/selfservice/microsites/search.do?cmd=displayKC&docType=kc&externalId=1002586 を参照してください。
Red Hat Enterprise Linux 6.3 以降では、vmmouse_drv ドライバーを提供しています。これは、VMware ホスト上で Red Hat Enterprise Linux を実行する際に使用される準仮想化マウスドライバーです。このドライバーについてさらに詳しくは、http://kb.VMware.com/selfservice/microsites/search.do?cmd=displayKC&docType=kc&externalId=5739104 を参照してください。
Red Hat Enterprise Linux 6.3 以降では、vmware_drv ドライバーを提供しています。これは、VMware ホスト上で Red Hat Enterprise Linux を実行する際に使用される準仮想化ビデオドライバーです。このドライバーについてさらに詳しくは、http://kb.VMware.com/selfservice/microsites/search.do?cmd=displayKC&docType=kc&externalId=1033557 を参照してください。
Red Hat Enterprise Linux 6.3 以降では、vmxnet3 ドライバーを提供しています。これは、VMware ホスト上で Red Hat Enterprise Linux を実行する際に使用される準仮想化ネットワークアダプターです。このドライバーについてさらに詳しくは、http://kb.VMware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=1001805 を参照してください。
Red Hat Enterprise Linux 6.4 以降では、vmw_pvscsi ドライバーを提供しています。これは、VMware ホスト上で Red Hat Enterprise Linux を実行する際に使用される準仮想化 SCSI アダプターです。このドライバーについてさらに詳しくは、http://kb.VMware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=1010398 を参照してください。