B.6. ゲスト仮想マシンの起動がストールしエラーが発生: No boot device

現象
既存のディスクイメージからゲスト仮想マシンを作成した後、ゲストの起動がストールし、エラーメッセージ No boot device が表示される。ただし、QEMU コマンドを直接使うとゲスト仮想マシンは正常にスタートする。
調査
既存ディスクイメージをインポートするコマンドでディスクのバスの種類が指定されていない。
# virt-install \
--connect qemu:///system \
--ram 2048 -n rhel_64 \
--os-type=linux --os-variant=rhel5 \
--disk  path=/root/RHEL-Server-5.8-64-virtio.qcow2,device=disk,format=qcow2 \
--vcpus=2 --graphics spice --noautoconsole --import
しかし、QEMU を直接使用してゲスト仮想マシンを起動したコマンドラインではバスの種類に virtio を使用したことを示している
# ps -ef | grep qemu
/usr/libexec/qemu-kvm -monitor stdio -drive file=/root/RHEL-Server-5.8-32-virtio.qcow2,index=0,if=virtio,media=disk,cache=none,format=qcow2 -net nic,vlan=0,model=rtl8139,macaddr=00:30:91:aa:04:74 -net tap,vlan=0,script=/etc/qemu-ifup,downscript=no -m 2048 -smp 2,cores=1,threads=1,sockets=2 -cpu qemu64,+sse2 -soundhw ac97 -rtc-td-hack -M rhel5.6.0 -usbdevice tablet -vnc :10 -boot c -no-kvm-pit-reinjection
インポートされたゲスト用に libvirt が生成した bus= がゲストの XMLにあることに注意。
<domain type='qemu'>
 <name>rhel_64</name>
 <uuid>6cd34d52-59e3-5a42-29e4-1d173759f3e7</uuid>
 <memory>2097152</memory>
 <currentMemory>2097152</currentMemory>
 <vcpu>2</vcpu>
 <os>
   <type arch='x86_64' machine='rhel5.4.0'>hvm</type>
   <boot dev='hd'/>
 </os>
 <features>
   <acpi/>
   <apic/>
   <pae/>
 </features>
 <clock offset='utc'>
   <timer name='pit' tickpolicy='delay'/>
 </clock>
 <on_poweroff>destroy</on_poweroff>
 <on_reboot>restart</on_reboot>
 <on_crash>restart</on_crash>
 <devices>
   <emulator>/usr/libexec/qemu-kvm</emulator>
   <disk type='file' device='disk'>
     <driver name='qemu' type='qcow2' cache='none'/>
     <source file='/root/RHEL-Server-5.8-64-virtio.qcow2'/>
     <emphasis role="bold"><target dev='hda' bus='ide'/></emphasis>
     <address type='drive' controller='0' bus='0' unit='0'/>
   </disk>
   <controller type='ide' index='0'/>
   <interface type='bridge'>
     <mac address='54:52:00:08:3e:8c'/>
     <source bridge='br0'/>
   </interface>
   <serial type='pty'>
     <target port='0'/>
   </serial>
   <console type='pty'>
     <target port='0'/>
   </console>
   <input type='mouse' bus='ps2'/>
   <graphics type='vnc' port='-1' autoport='yes' keymap='en-us'/>
   <video>
     <model type='cirrus' vram='9216' heads='1'/>
   </video>
 </devices>
 </domain>
ディスクのバスの種類は ide に設定されており、これは libvirt によって設定されるデフォルト値です。これは間違ったバスの種類で、インポートされたゲストが正常に起動できない原因となっています。
解決法

手順B.2 ディスクのバスの種類の訂正

  1. インポートされたゲストの定義を解除し、以下のように bus=virtio を使って再度インポートします。
    # virsh destroy rhel_64
    # virsh undefine rhel_64
    # virt-install \
    --connect qemu:///system \
    --ram 1024 -n rhel_64 -r 2048 \
    --os-type=linux --os-variant=rhel5  \
    --disk path=/root/RHEL-Server-5.8-64-virtio.qcow2,device=disk,bus=virtio,format=qcow2 \ 
    --vcpus=2 --graphics spice --noautoconsole --import
  2. virsh edit を使ってインポートされてゲストの XML を編集し、ディスクのバスの種類を訂正します。