B.11. Unable to add bridge br0 port vnet0: No such device

現象
以下のエラーメッセージが表示されます。
Unable to add bridge name_of_bridge port vnet0: No such device
たとえばブリッジ名が br0 の場合、エラーメッセージは以下のようになります。
Unable to add bridge br0 port vnet0: No such device
libvirt のバージョン 0.9.6 およびそれ以前では、以下のようなメッセージになります。
Failed to add tap interface to bridge name_of_bridge: No such device
たとえばブリッジ名が br0 の場合、エラーメッセージは以下のようになります。
Failed to add tap interface to bridge 'br0': No such device
調査
いずれのエラーメッセージも、ゲストの (またはドメインの) <interface> 定義で指定されたブリッジデバイスが存在しないことを示しています。
エラーメッセージで表示されたブリッジデバイスが存在しないことを確認するには、シェルコマンド ifconfig br0 を使います。
以下のようなメッセージが表示されると、その名前のブリッジが存在しないことが確認できます。
br0: error fetching interface information: Device not found
存在しない場合は、解決法に進みます。
ただし、メッセージが以下のようであれば、問題は別に存在します。
br0        Link encap:Ethernet  HWaddr 00:00:5A:11:70:48  
           inet addr:10.22.1.5  Bcast:10.255.255.255  Mask:255.0.0.0
           UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
           RX packets:249841 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
           TX packets:281948 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
           collisions:0 txqueuelen:0 
	   RX bytes:106327234 (101.4 MiB)  TX bytes:21182634 (20.2 MiB)
解決法
virsh で既存のブリッジを編集または新規ブリッジを作成
virsh を使って既存のブリッジもしくはネットワークの設定を編集するか、ブリッジデバイスをホストシステム設定に追加します。
virsh を使った既存ブリッジ設定の編集
virsh edit name_of_guest を使って既存のブリッジまたはネットワークを使用するための <interface> 定義を変更します。
たとえば、type='bridge'type='network' に、<source bridge='br0'/><source network='default'/> に変更します。
virsh を使ったホストブリッジの作成
libvirt のバージョン 0.9.8 およびそれ以降では、virsh iface-bridge コマンドでブリッジデバイスが作成できます。これで作成されるのは、eth0 のあるブリッジデバイス br0 で、ブリッジの一部として設定された物理ネットワークインターフェースがアタッチされます。
virsh iface-bridge eth0 br0
オプション: このブリッジを削除して、以下のコマンドでオリジナルの eth0 設定を回復することもできます。
virsh iface-unbridge br0
ホストブリッジを手動で作成
libvirt の古いバージョンでは、ホスト上に手動でブリッジデバイスを作成することもできます。指示に関しては 「libvirt を使用したブリッジネットワーキング」 を参照してください。