B.17.2. XML 構文エラー

構文エラーは、XML パーサーがキャッチします。エラーメッセージには、問題特定のための情報が含まれています。
以下の例では、XML パーサーからのエラーメッセージは、3 行から構成されています。最初の行はエラーメッセージを表示し、残りの 2 行にはエラーを含む XML コードのコンテキストと場所が含まれています。3 行目には、上の行のどこにエラーがあるかのおおよその位置を示す表示が含まれています。
error: (name_of_guest.xml):6: StartTag: invalid element name
<vcpu>2</vcpu><
-----------------^
このメッセージに含まれている情報
(name_of_guest.xml)
これは、エラーを含むドキュメントのファイル名です。括弧内のファイル名は、メモリーから解析された XML ドキュメントを表現する象徴的な名前で、ディスク上のファイルに直接対応するものではありません。括弧内に含まれていないファイル名は、接続先に配置されているローカルファイルです。
6
これは、XML ファイル内でのエラーを含む行数です。
StartTag: invalid element name
これは libxml2 パーサーからのエラーメッセージで、特定の XML エラーを記述するものです。

B.17.2.1. ドキュメント内の不要な <

現象
以下のエラーが発生する。
error: (name_of_guest.xml):6: StartTag: invalid element name
<vcpu>2</vcpu><
-----------------^
調査
このエラーメッセージは、ゲストの XML ファイルの 6 行目にある < 記号の後で、パーサーが新たな要素名を予測していることを示しています。
テキストエディターの行数表示が有効になっていることを確認します。XML ファイルを開いて、6 行目のテキストを見つけます。
<domain type='kvm'>
   <name>name_of_guest</name>
<memory>524288</memory>
<vcpu>2</vcpu><
ゲストの XML ファイルのこのスニペットには、ドキュメントの余分な < が含まれています。
解決法
余分な < を削除するか、または新たな要素を終了させます。