20.3. ディスクのオプション

汎用ドライブ

-drive <option>[,<option>[,<option>[,...]]]
以下のようなオプションに対応しています。
  • readonly[on|off]
  • werror[enospc|report|stop|ignore]
  • rerror[report|stop|ignore]
  • id=<id>
    if=none の場合、ドライブの id には以下のような制約があります。
    • IDE ディスクには、drive-ide0-<BUS>-<UNIT> <id> の形式の <id> が必要になります。
      正しい例を示します。
      -drive if=none,id=drive-ide0-<BUS>-<UNIT>,... -device ide-drive,drive=drive-ide0-<BUS>-<UNIT>,bus=ide.<BUS>,unit=<UNIT>
  • file=<file>
    <file> の値は次のようなルールで解析されます。
    • フロッピーデバイスを <file> として渡す方法には対応していません。
    • CD-ROM を <file> として渡す場合、ドライブの指定が IDE ドライブ (if=ide、 if=none + -device ide-drive のいずれか) で、メディアタイプが cdrom (media=cdrom) に指定されている場合にのみ対応しています。
    • <file> がブロックデバイス、キャラクターデバイスのいずれでもない場合は、「:」を含ませないようにしてください。
  • if=<interface>
    none、ide、virtio、floppy のインターフェースに対応しています。
  • index=<index>
  • media=<media>
  • cache=<cache>
    対応している値は none、writeback、writethrough です。
  • copy-on-read=[on|off]
  • snapshot=[yes|no]
  • serial=<serial>
  • aio=<aio>
  • format=<format>
    このオプションは必須ではないため省略可能です。ただし、セキュリティー上危険であるため、raw イメージには推奨できません。対応している形式は以下の通りです。
    • qcow2
    • raw

ブートオプション

-boot [order=<drives>][,menu=[on|off]]

スナップショットモード

-snapshot