Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.2. 基本オプション

エミュレートしたマシン

-M <マシンタイプ>
-machine <machine-type>[,<property>[=<value>][,..]]

プロセッサーのタイプ

-cpu <model>[,<FEATURE>][...]
追加のモデルは、-cpu ? コマンドを実行すると表示されます。
  • Opteron_G5 - AMD Opteron 63xx クラスの CPU
  • Opteron_G4 - AMD Opteron 62xx クラスの CPU
  • Opteron_G3 - AMD Opteron 23xx (AMD Opteron Gen 3)
  • Opteron_G2 - AMD Opteron 22xx (AMD Opteron Gen 2)
  • Opteron_G1 - AMD Opteron 240 (AMD Opteron Gen 1)
  • Westmere - Westmere E56xx/L56xx/X56xx (Nehalem-C)
  • Haswell - Intel Core プロセッサー (Haswell)
  • SandyBridge - Intel Xeon E312xx (Sandy Bridge)
  • Nehalem - Intel Core i7 9xx (Nehalem Class Core i7)
  • Penryn - Intel Core 2 Duo P9xxx (Penryn Class Core 2)
  • Conroe - Intel Celeron_4x0 (Conroe/Merom Class Core 2)
  • cpu64-rhel5 - Red Hat Enterprise Linux 5 QEMU Virtual CPU 対応バージョン
  • cpu64-rhel6 - Red Hat Enterprise Linux 6 QEMU Virtual CPU 対応バージョン
  • default - 特殊なオプションです。有効にするには default を上記のオプションと併用します。

プロセッサーのトポロジー

-smp <n>[,cores=<ncores>][,threads=<nthreads>][,sockets=<nsocks>][,maxcpus=<maxcpus>]
ハイパーバイザーとゲストのオペレーティングシステムにより適用するプロセッサーのトポロジーに制約があります。

NUMA システム

-numa <nodes>[,mem=<size>][,cpus=<cpu[-cpu>]][,nodeid=<node>]
ハイパーバイザーとゲストのオペレーティングシステムにより適用するプロセッサーのトポロジーに制約があります。

メモリーのサイズ

-m <megs>
対応できる値は、ゲストの最小値と最大値およびハイパーバイザーの制約によって限られます。

キーボードのレイアウト

-k <language>

ゲスト名

-name <name>

ゲストの UUID

-uuid <uuid>