function::user_string_quoted


名前

function::user_string_quoted — ユーザー空間から文字列を取得し、引用符で囲みます。

概要

function user_string_quoted:string(addr:long)

引数

addr
文字列の取得元のユーザー空間アドレス。

一般的な構文

user_string_quoted:string(addr:long)

説明

指定のユーザー空間メモリーアドレスから NULL 終端 C 文字列を返します。出力不可能な ASCII 文字は、返される文字列の対応するエスケープシーケンスに置き換えられます。アドレスゼロの NULL を報告します。指定のアドレスでユーザー空間データにアクセスできない稀なケースで <unknown> を返します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。