Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

function::user_string_n2


名前

function::user_string_n2 — ユーザー空間から所定の長さの文字列を取得します。

概要

function user_string_n2:string(addr:long,n:long,err_msg:string)

引数

addr
文字列の取得元のユーザー空間アドレス。
n
文字列の最大長 (null で終了していない場合)。
err_msg
データが利用できない場合に返すエラーメッセージ。

一般的な構文

user_string_n2:string(addr:long, n:long, err_msg:string)

説明

指定のユーザー空間アドレスから最大長の C 文字列を返します。指定のアドレスでユーザー空間データにアクセスできない稀なケースで指定のエラーメッセージ文字列を返します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。