Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

function::user_long_warn


名前

function::user_long_warn — ユーザー空間に保存された long 値を取得します。

概要

function user_long_warn:long(addr:long)

引数

addr
long 値の取得元のユーザー空間アドレス。

一般的な構文

user_long_warn:long(addr:long)

説明

指定のユーザー空間アドレスから long 値を返します。ユーザー空間データにアクセスできない場合はゼロを返し、障害に関して警告します (ただし、中止しません)。longのサイズは、現在のユーザー空間タスクのアーキテクチャーによって異なることに注意してください (64/32 ビット互換タスクの両方をサポートするアーキテクチャーの場合)。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。