Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

function::uaddr


名前

function::uaddr — 現在実行しているタスクのユーザー空間アドレス実験的

概要

function uaddr:long()

引数

なし

一般的な構文

uaddr:long

説明

プローブの発生時に現在のタスクが存在していたユーザー空間のアドレスを返します。現在実行中のタスクがユーザー空間スレッドではない場合やアドレスが見つからない場合は、ゼロが返されます。現在のタスクが usymname または symdata と組み合わされる場所を確認するために使用できます。多くのタスクは、カーネルを入力した VDSO にあります。FIXME - need VDSO tracking support #10080.

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。