function::ctime

名前

function::ctime — エポックからの経過時間 (秒単位) を、人が判読できる日付/時間の文字列に変換します。

概要

function ctime:string(epochsecs:long)

引数

epochsecs
エポックからの経過時間 (gettimeofday_s によって返された場合)。

一般的な構文

ctime:string(epochsecs:long)

説明

gettimeofday_s によって返されるエポックからの経過時間 (秒単位) の引数を取ります。フォームの文字列を返します。
Wed Jun 30 21:49:08 1993
文字列は常に 24 文字ちょうどになります。時が異常なほど前である場合 (エポックから秒で、32 ビットオフセットで表現できるもの以前) は、返される文字列は a long, long time ago... になります。時が大幅に先の未来である場合、返される文字列は、far far in the future... になります (これら文字列は両方とも 24 文字)。
エポック (ゼロ) は以下になります。
Thu Jan 1 00:00:00 1970
epochsecs -2147483648 に対応する、ctime によって提供される最も初期の日付は、Fri Dec 13 20:45:52 1901 です。epochsecs 2147483647 に対応する ctime によって提供される最新の日付は Tue Jan 19 03:14:07 2038 です。
曜日の省略形は 'Sun'、'Mon'、'Tue'、'Wed'、'Thu'、'Fri'、および 'Sat' です。月の省略形は 'Jan'、'Feb'、'Mar'、'Apr'、'Jun'、'Jul'、'Aug'、'Sep'、'Oct'、'Nov'、および 'Dec' です。
実際の C ライブラリー ctime 関数は、この関数が文字列の最後に改行文字 (\n) を挿入することに注意してください。また、カーネルにはタイムゾーンの概念がないため、時間は常に GMT で返されます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。