function::backtrace


名前

function::backtrace — 現在のスタックの 16 進バックトレース。

概要

function backtrace:string()

引数

なし

一般的な構文

backtrace:string

説明

この関数は、スタックのバックトレースである 16 進アドレスの文字列を返します。出力は文字列の最大長 (MAXSTRINGLEN) に従って切り捨てられることがあります。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。