Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.3. 基本的な SystemTap ハンドラーコンストラクト

SystemTap は、ハンドラーでいくつかの基本的なコンストラクトの使用をサポートしています。ほとんどのこれらハンドラーコンストラクトの構文は、C および awk 構文に基づいています。本セクションでは、SystemTap ハンドラーコンストラクトで最も有用なものをいくつか説明します。これで、簡潔かつ便利な SystemTap スクリプトの作成ができるようになります。

3.3.1. 変数

ハンドラーでは、変数を自由に使うことができます。名前を選択し、関数もしくは式から値を割り当て、式内で値を使用します。SystemTap は、割り当てられた値のタイプに基づいて、自動的に変数が文字列か整数かを識別します。たとえば、変数 foogettimeofday_s() に (foo = gettimeofday_s() として) 設定すると、foo は数字として識別され、printf() では整数の書式指定子 (%d) でプリントされます。
ただしデフォルトでは、変数は使用されているプローブのみのローカルとなります。つまり、変数はプローブハンドラーが呼び出されるたびに初期化され、使用され、破棄されます。複数のプローブで変数を共有するには、プローブの外で global を使用して変数名を宣言します。以下の例を見てみましょう。

例3.8 timer-jiffies.stp

global count_jiffies, count_ms
probe timer.jiffies(100) { count_jiffies ++ }
probe timer.ms(100) { count_ms ++ }
probe timer.ms(12345)
{
  hz=(1000*count_jiffies) / count_ms
  printf ("jiffies:ms ratio %d:%d => CONFIG_HZ=%d\n",
    count_jiffies, count_ms, hz)
  exit ()
}
例3.8「timer-jiffies.stp」 では、jiffies およびミリ秒をカウントするタイマーを使用してカーネルの CONFIG_HZ 設定を計算し、それに応じて計算しています。global ステートメントにより、スクリプトは変数 count_jiffies および count_ms (各プローブで設定) を probe timer.ms(12345) と共有して使用することができます。

注記

例3.8「timer-jiffies.stp」++ 表記 (count_jiffies ++count_ms ++) は、変数の値を 1 増やすために使用されます。以下のプローブで count_jiffies は、100 jiffies ごとに 1 つ増えます。
probe timer.jiffies(100) { count_jiffies ++ }
この場合、SystemTap は count_jiffies が整数であると理解します。count_jiffies には初期値が割り当てられていないことから、デフォルトでは初期値はゼロになります。