Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.5.3. 関連する値の増加

アレイ内の一意の鍵の関連する値を増やすには、++ を使用します。
array_name[index_expression] ++
ここでも、index_expression にハンドラー関数を使用できます。たとえば、仮想ファイルシステムへの読み込み (vfs.read イベントを使用) を特定のプロセスが実行した回数を計算したい場合は、以下のプローブを使用します。

例3.14 vfsreads.stp

probe vfs.read
{
  reads[execname()] ++
}
例3.14「vfsreads.stp」 では、プローブが最初にプロセス名 gnome-terminal を返す際 (つまり、gnome-terminal が初めて VFS 読み込みを実行する際)、そのプロセス名は一意の鍵 gnome-terminal に関連する値 1 が付いたものになります。プローブがプロセス名 gnome-terminal を次に返す際には、SystemTap は gnome-terminal の関連する値を 1 増やします。SystemTap は、プローブがプロセス名を返す際にこの演算を すべての プロセス名に対して実行します。