Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.5.6. 条件付きステートメントにおけるアレイの使用

連想アレイは if ステートメントでも使用することができます。これは、アレイ内の値が特定の条件に一致した場合にサブルーチンを実行するという場合に便利です。以下の例を見てみましょう。

例3.17 vfsreads-print-if-1kb.stp

global reads
probe vfs.read
{
  reads[execname()] ++
}

probe timer.s(3)
{
  printf("=======\n")
  foreach (count in reads-)
    if (reads[count] >= 1024)
      printf("%s : %dkB \n", count, reads[count]/1024)
    else
      printf("%s : %dB \n", count, reads[count])
}
例3.17「vfsreads-print-if-1kb.stp」 では、全プロセス一覧と各プロセスが VFS read を実行した回数が 3 秒ごとにプリントされます。プロセス名の関連する値が 1024 以上の場合、スクリプト内の if ステートメントがこれを変換し、kB でプリントします。
メンバーシップのテスト

特定の一意の鍵がアレイのメンバーかどうかをテストすることもできます。以下の例のように、if ステートメント内でアレイ内のメンバーシップを使用することも可能です。

if([index_expression] in array_name) statement
以下の例を見てみましょう。

例3.18 vfsreads-stop-on-stapio2.stp

global reads

probe vfs.read
{
  reads[execname()] ++
}

probe timer.s(3)
{
  printf("=======\n")
  foreach (count in reads+) 
    printf("%s : %d \n", count, reads[count])
  if(["stapio"] in reads) {
    printf("stapio read detected, exiting\n")
    exit()
  }
}
if(["stapio"] in reads) ステートメントは、一意の鍵 stapio がアレイ reads に追加されたら、stapio read detected, exiting をプリントするようにスクリプトに指示します。