8.5. XFS ファイルシステムの修復

XFS ファイルシステムを修復する場合は xfs_repair を使用します。
# xfs_repair /dev/device
xfs_repair ユーティリティーは拡張性に優れ、多くの inode を持つ非常に大きなファイルシステムさえも効率的に修復できるよう設計されています。他の Linux ファイルシステムとは異なり、xfs_repair は、XFS ファイルシステムが正常にアンマウントされていなかった場合でもブート時には実行されません。正常にアンマウントされなかった場合、xfs_repair はマウント時にログを再生し、ファイルシステムの整合性を確保します。

警告

xfs_repair ユーティリティーは、ダーティーログを持つ XFS ファイルシステムを修復できません。ログを消去するには、XFS ファイルシステムをマウントしてからアンマウントします。ログが破損していて再生できない場合は -L (ログのゼロ化を強制) オプションを使ってログの消去を行います (xfs_repair -L /dev/device)。ただし、これを行うと破損が悪化したりデータを損失したりする場合があります。
XFS ファイルシステムの修復方法についての詳細は man xfs_repair を参照してください。