8.2. XFS ファイルシステムをマウントする

XFS ファイルシステムは追加のオプションを付けなくてもマウントすることができます。たとえば、以下のようになります。
# mount /dev/device /mount/point
また、XFS ではその動作に影響を与えることができる複数のマウントオプションにも対応しています。
デフォルトで、XFS は inode を割り当て、そのオンディスクの場所を反映させます。しかし、32 ビットユーザー領域のアプリケーションには 232 を超える inode 数と互換性がないものがあるため、XFS はすべての inode をディスクの場所に割り当てることにより 32 ビットの inode 数にします。このため、ファイルシステムの規模が非常に大きい場合 (2 テラバイトを超える場合) には、パフォーマンスの低下を招くことがあります。データがブロックデバイスの末尾方向にスキューする一方、inode は先頭方向にスキューするためです。
このような場合は inode64 マウントポイント使って対処します。このオプションにより、inode およびデータをファイルシステム全体に割り当てることができるように XFS を設定するため、パフォーマンスが向上します。
# mount -o inode64 /dev/device /mount/point

書き込みバリア

書き込みキャッシュが有効にされているデバイスへの電力供給が停止した場合でもファイルシステムの整合性を確保できるよう XFS はデフォルトで書き込みバリアを使用します。書き込みキャッシュがないデバイスや、書き込みキャッシュがバッテリー駆動型のデバイスなどの場合には、nobarrier オプションを使ってバリアを無効にします。
# mount -o nobarrier /dev/device /mount/point
書き込みバリアについてさらに詳しくは、22章書き込みバリア を参照してください。