8.6. XFS ファイルシステムの一時停止

ファイルシステムへの書き込み動作を一時停止にしたり再開したりする場合は xfs_freeze を使用します。書き込み動作を一時停止にすることで、ハードウェアベースのデバイススナップショットを使用して、整合性のある状態のファイルシステムをキャプチャーできるようになります。

注記

xfs_freeze ユーティリティーは xfsprogs パッケージで提供されます。これは x86_64 でのみ利用できます。
XFS ファイルシステムを一時停止 (フリーズ) するには、以下のコマンドを使用します。
# xfs_freeze -f /mount/point
XFS ファイルシステムのフリーズを解除する場合は、次のコマンドを使用します
# xfs_freeze -u /mount/point
LVM のスナップショットを取るには、xfs_freeze を使ってファイルシステムを一時停止にする必要はありません。LVM 管理ツールが、スナップショットを取る前に XFS ファイルシステムを自動的に一時停止します。

注記

xfs_freeze ユーティリティーを使用して ext3、 ext4、 GFS2、 XFS、 BTRFS などのファイルシステムのフリーズやフリーズ解除を行うこともできます。使用する構文は同じです。
XFS ファイルシステムのフリーズおよびフリーズの解除に関する詳細は man xfs_freeze をご覧ください。