Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

22.2. Write Barriers の有効化/無効化

電源の損失時にデータ破損のリスクを軽減するには、ストレージデバイスの中には、バッテリーでバックアップされた書き込みキャッシュを使用します。通常、ハイエンドアレイや一部のハードウェアコントローラーはバッテリーベースの書き込みキャッシュを使用します。ただし、キャッシュのボランティはカーネルには表示されません。したがって、Red Hat Enterprise Linux 6 は、サポートされているすべてのジャーナルファイルシステムで、デフォルトで書き込みバリアを有効にします。
不揮発性なデバイスと、バッテリーでバックアップされた書き込みキャッシュと、write-caching が無効になっているデバイスの場合、マウントに -o nobarrier オプションを使用して、マウント時の書き込みバリアを安全に無効にできます ただし、一部のデバイスは書き込みバリアをサポートしていません。このようなデバイスは、エラーメッセージを /var/log/messages に記録します( 表22.1「ファイルシステムごとの書き込みバリヤーエラーメッセージ」を参照)。

表22.1 ファイルシステムごとの書き込みバリヤーエラーメッセージ

ファイルシステムエラーメッセージ
ext3/ext4JBD: barrier-based sync failed on device - disabling barriers
XFSFilesystem device - Disabling barriers, trial barrier write failed
btrfsbtrfs: disabling barriers on dev device
注記
Red Hat Enterprise Linux 6 では、書き込みバリアのネガティブなパフォーマンスへの影響(約 3%)となるため、Red Hat Enterprise Linux 6 では nobarrier を使用することは推奨していません。通常、書き込みバリアの利点は、無効にしたパフォーマンス上のメリットを得られます。また、仮想マシンに設定されるストレージでは、barrier オプションは使用しないでください。