15.2.3. swap ファイルを作成する

swap ファイルを追加します。

手順15.2 swap ファイルの追加

  1. 新しい swap ファイルのサイズをメガバイト単位で決定してから 1024 をかけてブロック数を確定します。たとえば swap ファイルのサイズが 64 MB の場合、ブロック数は 65536 になります。
  2. シェルに、以下のコマンドに必要なブロックサイズと等しい count を付けて入力します。
    # dd if=/dev/zero of=/swapfile bs=1024 count=65536
  3. 次のコマンドで swap ファイルを設定します。
    # mkswap /swapfile
  4. swap ファイルをすぐに有効にします。ただし、起動時に自動的に有効にしません。
    # swapon /swapfile
  5. 起動時に有効にするには、次のエントリーを含めるように /etc/fstab を編集します。
    /swapfile swap swap defaults 0 0
    次にシステムが起動すると新しい swap ファイルが有効になります。
新しい swap ファイルが正常に作成されたかどうかをテストするには、cat /proc/swaps または free を使って swap 領域を確認します。