Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

21.2. チューニングの留意事項

このセクションでは、SSD のパフォーマンスに影響する可能性がある設定を設定する際に考慮すべき要因について説明します。

I/O スケジューラー

I/O スケジューラーは、ほとんどの SSD で適切に動作するはずです。ただし、Red Hat は、他のストレージタイプと同様に、特定のワークロードに最適な設定を決定するためにベンチマーク設定を行うことを推奨します。
Red Hat は、SSD を使用する場合には、特定のワークロードのベンチマーク設定を行う場合のみ、I/O スケジューラーを変更することを推奨します。各種タイプの I/O スケジューラーについての詳細は、I 『/O の調整ガイド』 (Red Hat が提供)を参照してください。以下のカーネルドキュメントには、I/O スケジューラー間の切り替え方法が記載されています。
/usr/share/doc/kernel-version/Documentation/block/switching-sched.txt

仮想メモリー

I/O スケジューラーと同様に、仮想メモリー (VM) サブシステムには特別なチューニングは必要ありません。SSD の I/O の高速性質を考慮すると、書き込みアウトアクティビティーの増加がディスク上の他の操作のレイテンシーに悪影響を及ぼすことはないため、vm_dirty_background_ratio および vm_dirty_ratio 設定をオフにする必要があります。ただし、これにより 全体的な I/O が生成されます。したがって、ワークロード固有のテストを使用せずに通常は推奨されません。

スワップ

SSD は swap デバイスとしても使用できます。これは、適切なページアウト/ページ内のパフォーマンスを生成する可能性があります。