Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

18.2. ファイルシステムのマウント

特定のファイルシステムを接続するには、以下のような形式で mount コマンドを使用します。
mount [option]… device directory
device は、ブロックデバイス へのフルパス (例: /dev/sda3)、Universally Unique Identifier (UUID) (例: UUID=34795a28-ca6d-4fd8-a347-73671d0c19cb)、または ボリュームラベル (例: LABEL=home) で識別できます。ファイルシステムがマウントされると、directory の元のコンテンツにアクセスできなくなります。
重要
Linux では、すでにファイルシステムが接続されているディレクトリーに対してファイルシステムをマウントする動作が阻止されることはありません。特定のディレクトリーがマウントポイントとして使用されているかどうかを確認するには、そのディレクトリーを引数として findmnt ユーティリティーを実行し、終了コードを確認します。
findmnt directory; echo $?
ファイルシステムがディレクトリーにアタッチされていない場合は、上記のコマンドは 1 を返します。
必要な情報(デバイス名、ターゲットディレクトリー、またはファイルシステムタイプなし)なしで mount コマンドを実行すると、/etc/fstab 設定ファイルの内容を読み取り、指定したファイルシステムがリストされたかどうかを確認します。このファイルには、選択したファイルシステムがマウントされるデバイス名およびディレクトリーの一覧と、ファイルシステムのタイプおよびマウントオプションが含まれます。このため、このファイルで指定されたファイルシステムをマウントする場合は、以下のコマンドの以下のいずれかのバリアントを使用できます。
mount [option]… directory
mount [option]… device
root でコマンドを実行しない限り、ファイルシステムのマウントには権限が必要であることに注意してください (「マウントオプションの指定」 を参照)。
注記
特定のデバイスの UUID やラベル (デバイスがラベルを使用している場合) を確認するには、次のようにして blkid コマンドを使用します。
blkid device
たとえば、/dev/sda3 に関する情報を表示するには、以下を入力します。
~]# blkid /dev/sda3
/dev/sda3: LABEL="home" UUID="34795a28-ca6d-4fd8-a347-73671d0c19cb" TYPE="ext3"

18.2.1. ファイルシステムタイプの指定

ほとんどの場合は、mount によって自動的にファイルシステムが検出されます。ただし、NFS (Network File System) や CIFS (Common Internet File System) などの認識できないファイルシステムがあるため、こうしたファイルシステムの場合は手動で指定しなければなりません。ファイルシステムのタイプを指定するには、以下の形式で mount コマンドを使用します。
mount -t type device directory
表18.1「一般的なファイルシステムのタイプ」 は、mount コマンドで使用できる一般的なファイルシステムのタイプの一覧を提供します。利用可能なファイルシステムタイプの完全なリストは、「man ページドキュメント」 に記載の関連マニュアルページを参照してください。

表18.1 一般的なファイルシステムのタイプ

詳細
ext2 ext2 ファイルシステム。
ext3 ext3 ファイルシステム。
ext4 ext4 ファイルシステム。
iso9660 ISO 9660 ファイルシステム。通常、これは光学メディア (通常は CD) で使用されます。
nfs NFS ファイルシステム。通常、これはネットワーク経由でファイルにアクセスするために使用されます。
nfs4 NFSv4 ファイルシステム。通常、これはネットワーク経由でファイルにアクセスするために使用されます。
udf UDF ファイルシステム。通常、これは光学メディア (通常は DVD) で使用されます。
vfat FAT ファイルシステム。通常、これは Windows オペレーティングシステムを実行しているマシンや、USB フラッシュドライブやフロッピーディスクなどの特定のデジタルメディアで使用されます。
使用例は、例18.2「USB フラッシドライブのマウント」 を参照してください。

例18.2 USB フラッシドライブのマウント

多くの場合、古い USB フラッシュドライブは FAT ファイルシステムを使用します。このようなドライブが /dev/sdc1 デバイスを使用し、/media/flashdisk/ ディレクトリーが存在すると仮定して、root でシェルプロンプトに以下を入力し、このディレクトリーにマウントします。
~]# mount -t vfat /dev/sdc1 /media/flashdisk